東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは カップル

副作用を感じる男性
シアリスには副作用があります。人によっては強い症状が出てしまうようです。また、体質的にシアリスを服用すると危険な人もいます。

服用前に知っておこう、シアリスの副作用

バイアグラやレビトラと並んで高い人気を誇るED治療薬のシアリス。そんなシアリスには副作用があります。シアリスの副作用はシアリスの国内用量試験でも257例の約27%に認められており、服用の際にはその点を踏まえておく必要があります。シアリスの主な副作用としては、以下があげられます。

循環器
紅潮、動悸、ほてり等
感覚器
霧視、眼充血、眼異常感等
消化器
上部腹痛、悪心、胃食道逆流性疾患、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、腹痛等
骨格系
背部痛、筋痛、四肢痛等
精神、神経系
頭痛、めまい、睡眠障害等
呼吸器系
鼻づまり、鼻炎等

また、中にはごく一部でありながらも重篤な症状が出たという人もいます。シアリスの重篤な副作用としては、蕁麻疹(じんましん)や発疹、顔面浮腫(むくみ)などの過敏症があげられます。万が一、こういった過敏症状がみられた場合には即時に服用を中断し、病院で診てもらうようにしましょう。

なお、シアリスは厚生労働省で安全性が確立されている薬です。よって、ED治療を専門に取り扱うクリニックで診断や説明を受けて用法・用量を守って服用すれば、重篤な症状も避けることができます。安心・安全に服用するためにも、シアリスはED治療を専門に取り扱うクリニックで処方してもらうのがおすすめです。

危険!シアリスを服用できない人

以下に該当する人は、体質的にシアリスを服用することができません。

  • 過去にシアリスを服用したとき、過敏症状が出たという人
  • 狭心症の人
  • 3ヶ月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を起こした人
  • 不整脈の人
  • 重度の肝機能障害を患っている人
  • 高血圧症、低血圧症の人
  • 網膜色素変性症の人
  • 未成年者
禁止イメージ

これらに該当する人がシアリスを服用すると、重篤な症状を引き起こしたり、最悪、死に至ることもあります。そのため、服用の前には自分がシアリスを服用しても大丈夫な体質であるかどうか、ED治療を専門に取り扱うクリニックで医師に診断してもらいましょう。

このほか、シアリスには併用禁忌薬もあり、何種類かの薬との併用が禁止されています。併用禁忌薬は素人では判断できないものも多いので、常用薬があるという人はシアリスの服用が可能かどうかをED治療を専門に取り扱うクリニックで医師に相談するようにしてください。