東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

シアリスのアップ
シアリスは、バイアグラ、レビトラに続く、第3のED治療薬といわれています。そんなシアリスは、処方時、服用時に幾つか気をつけことがあります。

医師にしっかり確認を

救急箱

シアリスは、これまでのED治療薬と異なり、効果が最大36時間持続します。また、その他のED治療薬よりも効果がマイルドで、副作用の出方が弱めであるといわれています。そのため、シアリスはどんな方でも問題なく服用することができると思っている方もいるでしょう。
しかし、用法用量を守らなければ重篤なリスクがあるということに変わりはありません。したがって、シアリスを正しく安全に服用するためには、信頼できるクリニックでの診察・処方を受けることをおすすめします。また、問診時には、どういったEDの症状がみられるのか、過去及び、現在に病気はあるのか、服用している薬はあるかということを詳しく話しましょう。これらは、シアリスの正しく安全に服用する上で大切なことです。

シアリスの服用後に気をつけなければならないこと

シアリスを服用後、勃起が4時間以上続く場合は、早急に医師の診察を受けてください。
通常、シアリスは血行を促進する薬であるため、性的刺激を行わなければ、勃起は治まります。しかし、まれに勃起がなかなか治まらないことがあります。1時間ほどであれば問題はありませんが、服用後4時間以上勃起が続く場合は、クリニックでの治療が必要となります。また、男性器が破損してしまうこともあるため、早急な治療が必要です。

万が一、発作が発症したら

シアリスは、狭心症を患っている方は服用することができません。
しかし、性交は心臓に負担をかけるものであるため、これまでに狭心症と診断されたことがない方でも、性交中に狭心症の発作を起こすことがあります。シアリスの服用時に発作が起きた場合は、治療を受ける際に、シアリス錠を服用していることを医師に伝えましょう。また、発作が起きている場合、本人が医師に伝えられない状態に陥るケースもありますので、彼女や妻などのパートナーにもシアリスを服用していることを伝えることをおすすめします。

シアリスで妊娠や性感染症を防ぐことはできない

効果が最大36時間持続するシアリスは、海外で「ウィークエンドピル」と呼ばれています。そのため、まれにシアリスの服用が避妊や性感染症予防に効果的であるというような間違った認識をしている人がいます。シアリスは、単に勃起を促進させる薬であるため、避妊や性感染症予防などの効果は一切ありません。避妊や性感染症を予防するには、コンドームやピルなどの避妊具を使用しましょう。