東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

EDによってセックスレスが続くと、離婚率は飛躍的に上昇します。ここでは、ED・セックスレスと離婚の関係性をご紹介します。

カップル喧嘩画像

もはや社会問題?夫婦のセックスレス

2012年に日本性科学会が実施した、夫婦を対象にした調査によると、全体の41%がセックスレスということがわかりました。ここでいうセックスレスの定義は「特殊な事情がないにも関わらず、カップルが合意した性行為が1カ月以上ない状態」を指しており、調査によって、セックスレスの夫婦が全体の半分近くを占めていることがわかったのです。調査開始からセックスしない夫婦の割合は年々増加傾向にあり、今後も増え続けることが予想されています。
また、世界26カ国26,000人を対象にした性生活の実態を調査したデータによると、日本のセックス満足度は最下位。さまざまな調査によって、日本は、セックスに大きな問題を抱えた国であることがわかってきたのです。

セックスレスは離婚の原因に……

背を向け合う男女の画像

セックスをしない夫婦が増え続けている日本。お互いの愛を表現する大切な機会を失われたまま暮らしていると、会話など、コミュニケーション全体が少なくなっていきます。コミュニケーションが減ると、一緒にいる意味がないと感じたり、同じ空間を共有していることが苦痛になってしまったり、関係の破錠につながってしまうこともあります。
このように、セックスレスによって二人の関係に溝が生まれ、離婚に至ってしまう夫婦が増えているのが現状。セックスレスは、離婚に直結する深刻な問題なのです。

セックスレスが増えるのはなぜ?

なぜ、日本ではこんなにもセックスレスの夫婦が増えているのでしょうか?その理由のひとつに、「ED」があります。
EDは、勃起不全の総称で、性的欲求や刺激を感じても勃起しない状態を指します。成人男性の4人に1人の割合で発症しているといわれており、多くの男性が「勃起しない・勃起が持続しない」という問題に悩まされています。勃起はセックスを行うために必要不可欠な要素です。EDの症状が続くと、お互いにストレスがたまり、徐々に信頼関係に綻びが生まれてしまいます。

EDは改善できる!

EDは、適切な治療を行えば改善できる症状です。ED治療でもっともポピュラーなのが、ED治療薬による服薬治療です。ED治療薬にはさまざまな種類があり、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの錠剤が有名です。これらは、EDクリニックなどで入手することができ、その効果をすぐに実感することができます。即効性の高いレビトラや効果を持続させるシアリスなど、薬によって効能が違うので、そのときの自分の症状に合ったものを選ぶとよいでしょう。「クリニックにいくのは面倒だし、恥ずかしい……」と感じている人も多いようですが、予約不要・即日対応・プライバシー厳守といった、利用者に優しい精度を敷いたクリニックがほとんどです。最初は相談感覚で気軽に訪れてみるとよいでしょう。診察時間も最短10分と非常に手早く、サクッとレビトラやシアリスなどを処方してもらうことができるのです。
EDによるセックスレスは、たった10分の手間で解消することができるかもしれません。セックスレスが続き、信頼関係に溝が生まれてしまう前に、EDクリニックでレビトラやシアリスなど、ED治療薬による服薬治療を始めましょう。