東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

朝立ちがない……もしかしてED?と不安を感じている人に、朝立ちとEDの関連性をご紹介。自分の症状と照らし合わせて、EDかどうかを確認しましょう。
斜め上を見上げる男性の画像

朝立ちの有無とEDの関係とは?

「最近朝立ちがない……」と不安を感じている人は多くいます。自然の摂理かのように今まで起きていたことが、気づけばなくなっていたとなれば、それは不安に感じてしまうことでしょう。朝立ちは基本的にEDと関係のない現象ですが、EDの前兆として朝立ちがなくなる場合があります。朝立ちの有無によってEDの発症を疑う要因はどんなときなのでしょうか。

朝立ちってどんな症状?

斜め上を見上げる男性の画像

目が覚めると勃起している「朝立ち」は、反射勃起によって起こる現象です。
勃起には、脳の勃起中枢が反応して起こる中枢勃起と、脊髄の勃起中枢が刺激されることで起こる反射勃起の2種類があります。朝立ちは、レム睡眠時に起こる反射勃起だといわれています。そしてレム睡眠時間が長く、回数が多いほど起こりやすいとされています。一般的に、レム睡眠時は睡眠が浅く、ノンレム睡眠時は睡眠が深いといわれており、朝に目が覚めるときはレム睡眠であることが多いようです。そのため、レム睡眠時に起こる勃起と起床が重なったときに朝立ちという現象が確認できるのです。
レム睡眠の時間は、思春期に睡眠全体の約30%、それをピークに徐々に減少し、60~70代のレム睡眠時間は約20%だといわれています。そのため、朝立ちがないという状態は、加齢によるレム睡眠時間の減少によって起こることがほとんどです。朝立ちがない状態とEDは、関係性が薄いといわれています。
また、睡眠障害や不眠症など、睡眠の質が低下している際にもレム睡眠時の勃起は減少します。そのため、年齢層に関係なく、朝立ちがない状態は起こりえるものなのです。

朝立ちの有無からEDが推測されるのはどんなとき?

朝立ちがないという現象は、加齢による睡眠の質の変化や睡眠障害・不眠症などが原因で、EDとの直接的な関連性は薄いとされています。しかし、睡眠の質に変化がないのに、朝立ちが起こらないという場合は、EDが発症している可能性があります。このときに疑われるのは器質性勃起障害と呼ばれるEDです。これは、神経、血管、筋肉のいずれかの障害によって発症するEDです。要因としては、末梢神経障害、動脈硬化、男性ホルモン量の低下、ペニスの外傷などがあげられます。糖尿病を患っている人などは、末梢神経障害を併発していることが多いため、EDによって朝立ちがない状態が続いている可能性が考えられます。
睡眠の質に変化がないにも関わらず、朝立ちがないという場合は、EDを発症している可能性があるため、一度EDクリニックに相談してみるとよいでしょう。

ED治療薬でEDを解消!

朝立ちの有無から、EDの症状を感じられた人は、早めに治療をはじめましょう。
EDは、ED治療薬による服薬で、症状を改善することができる病気です。ED治療薬には、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの種類があり、それぞれ高い効果が実証されています。これらの治療薬は、ED治療を専門に取り扱うクリニックで、簡単な診察を受けるだけですぐに入手できるので、まずはクリニックに相談してみましょう。
ED治療薬は、ネットなどでも販売されていますが、正規のED治療薬を入手できるのは、クリニックだけです。ネットに出回っている製品は、偽物の可能性が高く、また粗悪品の場合もあるため、できるかぎりネットでの購入は避けて、クリニックを利用するようにしましょう。