東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

シアリスは近年人気を高めているED治療薬で、人気の上昇と比例するようにして偽物も多く出回るようになりました。現在インターネット上ではバイアグラよりも偽物が多く出回っていると言われていますので、薬選びは注意が必要です。偽物は期待した効果を得られないだけでなく、健康被害を引き起こす可能性があり、リスクが非常に高いので、偽物の見分け方や正規品を手に入れる方法を知って安全にシアリスを服用できるようにしましょう。

シアリスの偽物について

シアリスの偽物にはどのような特徴があるのでしょうか。気軽な気持ちでインターネットの通販に手を出して偽物を購入してしまう人が多くいますが、偽物の実態を知ればそれがいかに危険な行為であるかがわかるでしょう。こちらではシアリスの偽物について紹介していきますので、インターネットでシアリスの購入を検討しているという方はチェックしてみましょう。

1 価格が安い

正規品のシアリスは有効成分のバルデナフィルが20ミリグラム配合されているもので、1錠2,000円ほどが相場となっています。しかし、インターネット上に蔓延している偽物のシアリスは正規品の半値以下の値段で取引されています。できるだけ少ない出費でシアリスを服用したい方にとっては、激安価格といえる偽物についつい手を出してしまいがちです。

2 有効成分が一切含まれていないこともある

シアリスはバルデナフィルという有効成分が含まれており、EDの症状改善に効果を発揮します。偽物の中にはバルデナフィルに似た化学式の物質が含まれているだけで、バルデナフィル自体が入っていないものや、ただの粉を固めただけで有効成分が一切含まれていないものもあります。このような偽物は効果が全く出ませんので、いくら激安価格で購入してもコストパフォーマンスは非常に低いです。

3 健康被害が出た例もある

正規品のように信頼できる成分で作られていないため、副作用が起きるリスクが非常に高くなっています。製造された偽のシアリスの中には血糖降下剤が含まれているものもあり、継続して服用し続けると命を落とす事態となります。実際に、偽物のED治療薬を服用して重篤な健康被害が発生した例もあります。EDを改善する以前に、体を壊してしまっては元も子もありませんので、安易に安価な通販のシアリスに飛びつくのは非常に危険です。

4 劣悪な衛生環境の元で製造されている

偽薬は中国やタイや韓国といった国にある製造工場が最大の拠点となっています。このような国々の工場は非常に不衛生と言われており、原材料の中にゴミやホコリや虫の死骸などが入っていることも少なくありません。薬品の着色には人体に有害なペンキに漬けこんで作られるなど、リスクは非常に高いです。また、完成した薬品は、出荷されるまでこのような衛生面が劣悪な環境で放置されます。患者の手に行き届いたころには作られてからどれくらいの期間、経過しているのかも分かりません。安心して服用することができるシアリスを求めているのであれば、衛生管理が徹底されている工場で製造された正規のシアリスを購入するようにしましょう。

偽物の見分け方とは?

1、3つの見分け方

1 価格で見分ける

正規品は1錠1,500円ほどが相場となっていますので、それくらいの相場で販売されているシアリスであれば、正規薬の可能性が高く、これよりも著しく安い値段で販売されているものは偽物の可能性があります。ただし、ネットの通販は相場通りの価格で販売されているものでも偽物の場合があります。

2 有効成分の含有量で見分ける

日本で流通しているシアリスの有効成分は多くて20ミリグラムまでとなっています。海外では50ミリグラムのシアリスなども処方されていますが、日本人の体格のことを考えると50ミリグラム以上は体への負担が大きいです。日本で流通しているシアリスで50や100といった表記のものは偽物の可能性が高く、本物だとしても体への負担が大きいので避けましょう。

3 効果を感じられない

服用しても全く効果を感じられない場合は、偽物の可能性が高いので飲むのを中止しましょう。味がおかしかったり、激しい副作用があった場合なども同様です。インターネットで購入する場合は一度に大量注文した方が安くなるケースが多く、効果が出なくても「もったいない」とついつい継続して飲み続けてしまいがちです。ですが効果が出ない場合はすぐに辞めるのが賢明です。

2、シアリスのジェネリック薬品とは?

価格が安いからと言って必ずしも偽物ではありません。薬品に使われている特許が切れている場合は、安価なジェネリック薬品が販売されており、シアリスにもジェネリック薬品があります。日本でもシアリスのジェネリック薬品が登場しているので、どのようなものがあるかを知っておきましょう。

シアリスジェネリック1、「タダリス」

タダリスはインドの製薬会社が作ったシアリスのジェネリック薬品で、タダラフィルという有効成分が含まれています。副作用が少なく、効果の持続時間が長く、シアリスとほぼ同じ効果を得られます。ただし、タダリスはインド国内でしか認可されておらず、実績の面ではシアリスより劣ります。

シアリスジェネリック2、「メガリス」

メガリスもタダリスト同じく、インドの製薬会社によって作られています。安価なのが特徴で、正規品であればシアリスとほぼ同等の効果を得られます。しかし、現状では正規ルートが確保されていませんので、クリニックによる処方でも偽物のリスクがあります。

この他にも、タダシップやタダリフトといったシアリスジェネリックが存在していますが、上記のシアリスジェネリック同様、クリニックで処方されている物でも偽物のリスクがあります。日本で作られた国産のシアリスジェネリックが出てくるまでは、シアリスジェネリックには手を出さない方が無難といえるでしょう。

正規品を手に入れる方法とは?

1 クリニックで処方してもらう

ED治療を行っているクリニックに行って処方してもらえば、確実に正規品を手に入れることができます。処方の際に、用法容量に関する指導を受けられるので、より安全かつ効果的な服用ができます。ただし、クリニックで処方されているシアリスがジェネリック薬品だった場合は注意が必要です。

2 信頼できる通販サイトを利用する

長年運営している通販サイトや、実績が豊富な通販サイトであれば一定の信頼を寄せることができます。どうしても通販でシアリスを手に入れたい時は、信頼できるサイトであるかどうかを見極めましょう。会社の所在地が不明だったり、問い合わせ対応が遅かったり、価格が極端に安い場合は要注意です。

信頼できる通販サイトの見極めが困難な場合は、クリニックで処方してもらうのが無難です。クリニックは安全な上、ジェネリック薬品の場合は通販サイト同様安価な値段で処方してもらうことができます。

正規品のシアリスで安心なED治療を(まとめ)

EDの症状を改善したいけど、できるだけ出費は抑えたいという願いは多くの男性が共通して抱いている願いでしょう。しかし、そのような思いから安易に通販でシアリスを購入すると、甚大な健康被害を受けてしまうリスクが伴うことを覚えておきましょう。ED治療をして体そのものを壊してしまうという本末転倒なことにならないように、クリニックで安全かつお安くED治療ができるようにしましょう。