東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

EDは男性特有のコンプレックスでデリケート話題のため、よく知らないという人も珍しくありません。誰でもEDを発症する可能性は十分にあります。近年では20代のED患者の間でレビトラという治療薬が話題になっていますが、それはどういうものなのでしょうか?

20代のEDが増えている

EDは昔から男性特有のコンプレックスとして、長年研究されてきた課題です。近年では、20代のED発症率が上昇していて、従来に比べED事情が深刻化しています。ここではEDの原因や改善の要素、治療法などについて触れていきます。
20~29歳の年齢枠に絞って、2006~2015年までの男性人口、ED初診、再診の比率において集計を取った統計データを見ていくと、20代のED事情が悪化していることがわかります。
2006年度はED初診が全体の4.92%で、再診は3.43%で該当する年齢層の男性人口は全体の16.43%程度です。
一方で、2015年どの調査結果を見てみると、ED初診が9.07%、再診が2.10%、男性人口は13.38%でした。
これらの結果を踏まえ、EDの初診を受けている20代は2006年で29.95%、2015年は67.83%になっていました。このことか、「自分がED(である・かもしれない)と考える20代男性が非常に増えた」という事がわかります。2006年は3人に1人なのに対し、2015年は2人に1人以上がED診察を受けています。
つまり、男性人口は年々減少しているのに、EDの受診率は常に上昇しているということ、一方で再診率は徐々に減少しているという事がわかります。再診率が下がっているという事は、それだけ改善率が高いことの裏付けでもあります。

EDには精神的な原因、身体機能の不調によるもの、服用している薬剤の副作用によるものの3つに分類され、それぞれ「心因性ED」、「器質性ED」、「薬剤性ED」と区分されています。20代男性は身体的に健康な人が多いので、ED発症の原因は「心因性ED」によるものが大きいといえます。こちらは精神的な問題が原因なので、男性としての自信を取り戻す行為(性交渉など)が上手くいくことで、解消される傾向にあります。EDの症状を改善する方法として、治療薬を飲むことで一時的に勃起機能の向上を図ることがあげられます。この状態で性交渉を行うことで自信がつき、心因性の原因を即座に解消することができます。そのため再診の必要がないという特徴があります。つまり統計データにおいて、男性の人口や初診率に比べ、再診率が低くなるという事は心因性EDの症状が多いという解釈ができます。
このように心因性EDは、比較的早期に解消することのできる症状です。そのため心因性EDの罹患率が高い男性は、特にED治療薬を用いて勃起機能を向上させる治療法が有効であるといえます。もちろん原因が「心因性ED」でない場合もありますが、20代でEDに悩んでいる男性は、まずED治療薬を服用することをおすすめします。次に現在、ED治療薬に用いている有名な種類を紹介します。それぞれに特徴があるので、自分のライフスタイルに適したものを選びましょう。

20代のED治療で使われる薬

ED治療薬として主に使用されているのは、次の3種類になります。実用化された順に各治療薬の特性を見ていきましょう。

1.バイアグラ

世界初のED治療薬です。服用して30分程度で勃起機能の向上効果がみられます。持続時間として5~6時間程度あります。

2.レビトラ

バイアグラより即効性が高く、15分程度で効果が現われます。持続時間はバイアグラ同様、5~6時間で射精遅延にも効果があるとされているので、早漏に悩む人にも適しています。

3.シアリス

遅効性の薬で、効果が発揮されるまでに1~2時間程度を要します。性行為では少なくとも3時間前に服用することをおすすめします。持続時間の長さが最大の強みで24~36時間は効果を発揮します。
以上のようにそれぞれの治療薬の種類に特徴があります。
ここでED治療薬について誤った認識になりやすいのが持続時間=勃起状態の維持ではないということです。持続時間はあくまで円滑に、勃起状態へ移行できる時間帯を指すものです。
いわゆる精力剤のようなものではないので、「勃起状態の持続力が向上する」、「性的刺激・興奮がなくても勃起できる」という効果はありません。
「ED治療薬=臨戦態勢にシフトしやすくなる薬」というくらいの認識が好ましいです。それら治療薬の中でもレビトラは、第一世代の治療薬「バイアグラ」の欠点を補う効果がある治療薬で、特に20代男性が服用するのに適しています。具体的にどういった点がバイアグラより優れているのか、20代男性に適しているのかという点で掘り下げていきましょう。

バイアグラの欠点を補うのがレビトラ

20代の男性は、ED治療薬としてバイアグラを服用している人が多いようです。
しかし、バイアグラでは飲んでから効果が現われるまでにタイムラグが生じてしまうので、飲むタイミングに気をつけなくてはいけません。またバイアグラはカロリー摂取(飲食)をしてしまうと、効果を損なう性質があるので服用してからはある程度の制約がかかります。
そこで、それらの欠点を補える治療薬としてレビトラがあります。

1.飲んでから約15分で効果を実感する

レビトラの最大の長所は、「即効性の高い勃起機能の向上効果がある」という点です。パートナーと性行為に及ぶのは雰囲気的な要素が大きく、予想することが困難です。そこで性行為に及ぶ直前などに服用して、十分な効果が発揮されるレビトラならピンポイントで必要な時間帯のみ、勃起機能の向上ができます。さらに20代男性では、早漏に悩む傾向があるため射精遅延効果があることで、より充実した性行為にすることができるという点で愛用している人が多いです。

2.飲食の影響が少ない

バイアグラと比べると飲食による影響が少ないため、食事など行動の制約が少ないこともレビトラの特徴です。
しかし、ED治療薬全般に言えることなのですが、大量のカロリー(食事)やアルコールの摂取は、効果を損なう行為なので最大限効果を発揮したい場合は、空腹時に近い状態で服用するのが好ましいです。
このようにバイアグラでは、不十分だった欠点を補うのがレビトラの特徴です。持続力に関してはシアリスの方に軍配が上がりますが、あちらは遅効性で長時間の効果を発揮するものなので、そもそもデザインコンセプトが異なります。
スケジュールの対応力が高く、ピンポイントで効果を実現できるレビトラの方が20代男性の生活スタイルに適しているといえます。

20代のEDはレビトラで治そう

20代男性のEDはほとんどが心因性のものです。男性機能に自信を取りもどすことで十分に解消できる場合がほとんどです。
一時的といえども、勃起機能を向上させる治療薬を用いることで、比較的容易に解決できる可能性があります。EDに悩んでいる20代男性は、汎用性の高いレビトラでEDを解消を目指しましょう。