東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは カップル

骨盤周辺の血液は、EDと深い関わりを持っています。EDに悩みを持つ人は、食生活を見直して血流改善をはじめましょう。
走りだそうとする男性画像

ED解消は食生活の改善から

血管、神経、筋肉、心理などの不具合によって発症することのあるED。中でも血管の不具合はEDに直結しやすいといわれています。勃起は、勃起中枢が性的刺激を受けて、陰茎内の海綿体に血液を送るように指示を出すことで発生する現象です。陰茎に流れ込む血液は、骨盤周辺の動脈を通って海綿体に届くため、骨盤周辺部の血流が悪いと血液量が足りず、勃起が起きない、または勃起しても十分に固くならない、すぐに萎えてしまう、などのEDの症状につながってしまうのです。
EDを改善するには、まずは血液の流れをスムーズにすることが大切です。そのためには、血液がサラサラになるような食材を摂取することが重要です。現在EDの症状に悩む人は、食生活の乱れによって血液がドロドロになっている可能性があります。ED解消に食生活の改善は効果的です。しかし、「何を摂取すればいいのか分からない」という人は多くいます。そこで、ご紹介するのが「おさかなすきやね」という食材たちです。

「おさかなすきやね」とは?

食材の画像

「おさかなすきやね」とは血液のめぐりをよくするとして知られている、8種類の食材の頭文字を取った呼称です。
以下では、8つの食材とその特徴について説明します。

「お」はお茶。お茶に含まれるカテキンには、コレステロール、中性脂肪の他、血糖値を下げる働きがあります。
「さ」は魚。DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が含まれており、血流をよくするとされています。
「か」は海藻。中性脂肪酸を吸収して排出する水溶性食物繊維が含まれている他、代謝を促進するミネラルが豊富です。
「な」は納豆。血管内にある血の塊である血栓を溶かすナットウキナーゼが豊富で、血液のめぐりをよくします。
「す」は酢。血流をよくするクエン酸が豊富に含まれています。
「き」はきのこ。コレステロール値や血糖値を下げる働きがあるβグルカンが含まれています。βグルカンは、きのこ類特有の成分です。
「や」は野菜。緑黄色野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれており、血流改善に効果的です。効果を得るためには、1日に350グラム以上野菜を摂取することが推奨されています。
「ね」はねぎ。ねぎのニオイの元である、アリシンという成分が血流改善に効果的です。アリシンは、血小板凝集抑制、血栓予防、活性酵素抑制作用など、サラサラで健康な血液を作り出す働きがあります。

「お茶・魚・海藻・納豆・酢・きのこ・野菜・ねぎ」。これら8種類の食材中心の食生活に変えることで、血流が改善され、骨盤周辺の血流も改善されることが期待できます。EDにお悩みの人は、まずは「おさかなすきやね」による食生活の改善に取り組みましょう。

ED治療薬による治療も効果的!

「おさかなすきやね」によるEDの改善は、数カ月単位で徐々に効果が現れてくるものです。長期的なEDの解消には食生活の改善は欠かせませんが、それらの栄養素を摂り続けるのは困難な場合も。食生活の改善にはサプリメントで補助するように、そういった観点からED治療薬を検討してはいかがでしょうか。
ED治療薬は日本中にある、ED治療を専門に取り扱うクリニックで手に入ります。バイアグラ・レビトラ・シアリスなど、服用後にすぐに効果がでるED治療薬を手に入れることができますし、医師による診察でEDの原因を知ることも可能です。EDに悩む人は、EDクリニックに訪れてはいかがでしょうか?