東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは カップル

手のひらと薬
レビトラの併用禁忌薬をご紹介。禁忌薬の確認やクリニックでの問診を経て、レビトラを安心して利用できるようになります。レビトラ利用者は必ず確認するようにしましょう。

レビトラの併用禁忌薬

併用禁忌薬イメージ

併用禁忌薬という言葉をご存知でしょうか?併用禁忌薬とは、ある薬と別のある薬を併用することで、体内で有効成分同士が反応して身体に害を及ぼすことです。飲み合わせによって、軽い症状での場合から、最悪の場合死に至る危険性もあるため、薬ごとに併用禁忌薬を指定して、健康被害を防いでいます。
また、レビトラにも幾つかの併用禁忌薬が指定されており、クリニックでの問診において、禁忌薬の服用がわかった際は、レビトラを処方しないようにしています。また、禁忌薬があることを知らないと、レビトラ服用後に違う薬を服用して、健康被害に遭遇してしまう可能性が高まるため、利用者も併用禁忌薬について知っておく必要があるのです。
レビトラに含まれる有効成分はバルデナフィル。以下に紹介する成分を含んだ薬と併用することで、健康被害または、効果が半減するなどの影響があるとされています。

ビカルタミド(カソデックス)
酵素、CYP3A4を阻害することで、薬が効きすぎて副作用による健康被害が発生すると述べましたが、酵素の働きを促進させてしまうことも、デメリットが生じます。酵素の働きが活性化することで、レビトラに含まれる有効成分、バルデナフィルにて代謝がよくなり、効き目を感じる期間が短くなってしまう、又はほとんど効果を感じなくなってしまうのです。リファピシン(リファジン・アプテシン)という肺結核治療薬の有効成分は、CYP3A4を誘導するため、レビトラと併用すると効果が半減するといわれています。
硝酸剤、NO供与剤(二トログリセリン・亜硝酸アミル)
レビトラと併用することによって、成分同士が反応しあい、健康被害をもたらすのが、硝酸剤やNO供与剤と呼ばれる薬剤です。レビトラの成分をこれらの成分が反応しあうことで、体内で降圧作用が増強されます。降圧作用が増強されると、急激な血圧低下によって、力が抜けて転倒してしまったり、血圧低下が原因で死亡してしまったり、重篤な健康被害を及ぼします。