東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

EDで悩む人必見!効果的なレビトラの服用方法

レビトラは、2003年にドイツの製薬会社で販売され、2004年に日本で正式な認可を受けたED治療薬です。
レビトラはED治療薬の中でも即効性が高く、従来のものより服用時の制約が少ない点が魅力的な治療薬ですが、ED改善効果をより効果的にする服用方法があります。レビトラの特徴を正しく理解して、効果的に活用できればED改善に役立てることができます。その効果的な服用方法やレビトラの特徴について確認していきましょう。

レビトラの効果を高める服用方法

レビトラは服用の制約が少ないED治療薬ですが、次の点に配慮しなければ本来の効果を損なう可能性があります。以下の3点を踏まえて、レビトラの効果を損なわないための要点を知っておきましょう。

 

1.食事の30分前に飲む 

レビトラは従来の治療薬・バイアグラと異なり、服用後に食事できるのが特徴です。ただし、全く影響を受けないわけではないので、なるべく空腹時の服用が好ましいです。
行為に及ぶ前に食事を挟む場合は、食前30分前に飲めばレビトラの成分を体内に浸透させることができるので、食事の影響を受けにくくすることができます。

2.脂肪の多い食事は控える

食事内容は消化のよい、あっさりとした和食のような献立が好ましいとされ、700kcalで総エネルギー中に脂肪の割合が30%までとされています。量も腹七分目くらいにすれば、レビトラの効果が十分に発揮されます。
服用前に食事をした場合は、2時間ほど間隔を空けてレビトラを服用することをおすすめします。

3.行為の20分~60分前に飲むとちょうどいい

レビトラの効果の現れ方には個人差があり、20㎎なら最長で10時間近く効果が持続するため、早めに服用することをおすすめします。効果が発揮されるまでの時間は、空腹の度合いによって左右されるので、食後に飲む際はある程度の調整が必要になります。

これらの点を意識して、正しく服用すればレビトラの効果を効率よく活用することができます。

レビトラを服用する際の注意点

考えなしにレビトラを服用すると、効果を十分に発揮できない、強く効果が現れる、思わぬ事態を招くなど様々なリスクを負ってしまいます。レビトラを服用する際は、次の点に注意してください。

グレープフルーツを食べる

グレープフルーツなど一部の柑橘類に含まれるフラノクマリン酸という成分には、様々な薬と相互作用があることがわかっています。この相互作用は、高血圧治療薬や風邪薬に強く影響するもので、主作用・副作用ともに想定以上に薬効を発揮させてしまいます。レビトラも相互作用の影響を受ける薬なので、飲料や食事でフラノクマリン酸を摂取しないように注意しましょう。

硝酸剤の含んだ薬を飲んでいる

心臓の病気で硝酸剤の治療を受けている人は、レビトラを服用しないでください。ニトログリセリンを含む硝酸剤とレビトラを組み合わせると、血圧が急激に下がり命に関わる恐れもあります。
レビトラの服用したい場合は、常用している薬に硝酸剤が含まれていないか、専門医か薬剤師にあらかじめ確認をとるようにしましょう。

アルコールをたくさん飲む

レビトラは食事と同様に適度な量ならアルコールと併用しても、効果に大きな影響はないとされています。しかし、飲酒量が著しく多い場合は、レビトラの効果を薄めることがあります。また、レビトラの血管拡張作用でアルコールが過剰に行きわたり、体調に崩す可能性があるので、飲酒は適量の範囲で行うようにしましょう。

車を運転する予定がある

レビトラの効果の副作用として、軽いめまいや視覚障害が現れることがあります。万全を期すために、レビトラの効果が持続している間は車両の運転は控えるようにしましょう。

他人から譲り受けたものを服用

専門の医療機関で処方されたもの以外で、レビトラを服用することはおすすめできません。使用者の疾患により服用に適していない場合もあれば、非正規品の可能性もあります。思わぬ健康被害を引き起こしかねないので、譲られたものは使用しないようにしてください。

レビトラの服用は1日20㎎まで

レビトラには5㎎・10㎎・20㎎と含有量の異なる3種類があります。この中では5㎎のレビトラは効果が低いことからED治療で取り扱われることが少なく、10㎎か20㎎のどちらかを選択することがほとんどです。
レビトラを服用する間隔は24時間で、それ以上時間を空ければ再度服用することができます。レビトラの使用規則として、1日1回で20㎎以内という服用の制限が設けられています。

20㎎を10㎎で2回に分割して服用する方法もあるので、複数回行為におよぶ場合は応用をきかせて服用することができます。ただし、これは自己判断で服用方法を変更することはできないので、専門医と相談して認められた場合に限ります。それ以上の服用や効果時間の延長を望む場合はシアリスなど長時間効果のある治療薬に移行することをおすすめします。

治療薬の種類に悩んだら

ED治療薬にはレビトラの他にも、バイアグラやシアリスなどがあります。レビトラの特徴は、服用後の即効性の高さ、食事や飲酒の影響を受けにくい点です。
ED治療が受けられる医療機関なら、体質や薬の効果を踏まえて使用する人の要望に合わせて処方してもらえます。特にイースト駅前クリニックは1錠からの処方も行っているので、医師と相談を重ねながら自分にあった薬を探すことができます。

初診・再診料が無料なので試験的にも継続的にも利用することができます。WEB予約では処方金額が5000円ごとに500円引きといったサービスもあるので、財布にやさしい診療を受けることができます。治療薬の種類に悩んでいるのなら、まずイースト駅前クリニックで相談してみましょう。

イースト駅前クリニック

治療薬・レビトラを正しく服用して効果を発揮させよう

レビトラは、男性器の勃起機能を正常に働かせるサポートができる治療薬です。ただ、レビトラの特徴や効能に対して、正しい理解をしていなければ期待通りの効果を得ることはできません。正しい知識を得て安全にED治療を進めるためにも、専門のクリニックで医師の診察を受けるようにしましょう。
レビトラをはじめとしてED治療に対して正しい知識があれば、下半身のコンプレックスを解消する足掛かりにすることができます。