東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

個人輸入の危険性
レビトラの購入を検討している方の中には、個人輸入で購入しようとしている方もいるのではないでしょうか?ここでは、個人輸入での購入の危険性についてご紹介します。

個人輸入は危険がいっぱい

レビトラを入手する方法には2つあり、ひとつがEDクリニックで処方してもらう方法、そしてもうひとつがインターネットを利用し個人輸入業者から購入する方法です。クリニックで処方されているレビトラは、正規ルートで仕入れているものであるため、安心して服用することができます。しかし、個人輸入で販売されているレビトラの中には、偽物も多く存在しているのです。
これはシアリスやバイアグラなどの他のED治療薬でも同じで、海外でも悪質な偽物のED治療薬が出回っており、服用しても効果がありません。また、効果がないだけではなく粗悪な成分が混入していたことが原因で、健康を損なってしまったという事例も多数報告されています。インターネットでレビトラと検索すると、大量の個人輸入販売のレビトラを見つけることができますが、手を出すことはおすすめしません。

薬剤の個人輸入は犯罪にならないのか?

インターネットで目にするレビトラは、個人輸入代行業者が運営しており、法律において定められている
「一般の個人が自分に必要な薬を自分で使用する目的で購入すること」
「原則として地方厚生局に必要な書類を提出し証明を受けること」
「個人輸入で購入した医薬品の販売はもちろん譲渡も禁止すること」
という基準をクリアしているため、犯罪にはあたりません。
しかし、個人輸入業者が販売しているレビトラは有効性や安全性などの確認が取れておらず、世界中で出回っている偽物のレビトラが混ざっている可能性が高いというのが実情です。

偽物のレビトラを識別できるのか?

偽物のイメージ

国内で承認されているレビトラは5 mg、10 mg、20 mgの3種類です。インターネットの個人輸入代行のサイトでは「海外でのみ販売されている」と記載し、100 mgのレビトラが販売されていますが、海外を含めて100 mgのレビトラは製造されていません。このように容量を確認するだけで偽物だと判断できるものもありますが、ネットの画像と情報だけでは、偽物かどうかを判断できないものも多く出回っています。価格の安さに惹かれて、インターネットの個人輸入業者からレビトラを購入してしまう方もいますが、命に関わる危険な成分が含まれていることもあるため、インターネットでレビトラを購入するのは控えたほうがよいでしょう。

レビトラの購入はクリニックで

有効性・安全性が保証されたレビトラを購入できるのは、今のところEDクリニックだけです。インターネットで販売されているレビトラはリーズナブルで手軽ですが、安全に服用するためにもEDクリニックで問診を受けてから処方してもらいましょう。