東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

食事の影響
レビトラ利用の注意点と副作用についてご紹介。注意点を怠ったり、副作用を知らずに服用したりしてしまうと、最悪の場合、死に至ることもあります。服用前にしっかり確認しておきましょう。

レビトラ利用上の注意点

世界で2番目に生まれたED治療薬レビトラ。素早い効果が特徴の治療薬ですが、効果には食事やアルコールなどが影響します。以下では、レビトラを服用する上での注意点について紹介します。

食事の影響
ED治療薬は食事の影響を受けて、効果が薄まるというのは利用者の中で頻繁に交わされる議論。レビトラは、その中で食事の影響を受けないといわれるケースがありますが、必ずしもそうとはいえません。レビトラは、体内への吸収が早いため食事の影響を受けにくいという側面はありますが、まったく受けないというのは間違いです。そのため、レビトラの効果を得るためには、食前の20分~30分前の空腹時に服用するのがベストだといえるでしょう。どうしても食前の服用が難しいという場合は、食後2~3時間空けてから服用することで、食前と同様の効果を得ることができます。食事の直後に服用してしまうと、効果が得られないということも考えられるため、注意が必要です。
アルコールの影響
一般的に薬を飲む際には水で服用することが推奨されていまが、レビトラはお茶やジュースなどの飲料で服用しても問題ありません。しかし、アルコールとの併用には注意が必要です。レビトラは血管を拡張させる効果があるため、服用後は血流が非常に良くなります。アルコールと併用すると、アルコールの巡りがよくなり、酔いが早まってしまうのです。そのため、アルコールに弱い方がレビトラと併用すると、急性アルコール中毒で倒れてしまう危険性もあります。お酒に強い人や精神からくるEDなどの方には、お酒によって精神がリラックスして、効き目がよくなることもあるため、アルコールでレビトラを服用する際には体質や体調と相談してから服用するようにしましょう。

レビトラの副作用

副作用のイメージ

レビトラの副作用は「顔のほてり」「目の充血」「動悸」「頭痛」「鼻づまり」などが代表的です。どの症状も気にならない程度であり、レビトラの効果の弱まりとともに収まっていくため、薬が証拠という程度に判断しておけばよいでしょう。しかし、心臓や心血管に問題がある、不整脈、肝機能障害、腎臓障害、不安定狭心症などの持病を持っている方は、レビトラの効果によって、持病が悪化してしまう危険性があるため、使用が禁止されています。レビトラの利用を検討中の方は、必ずクリニックで検診を受けて、服用できるかどうかを確認してから、服用を始めるようにしましょう。