東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

イースト駅前クリニック 新宿院の紹介

「イースト駅前クリニック 新宿院」は、東京でED治療・AGA治療を専門として行っているクリニック。東京にはシアリスを処方してもらえるクリニックが多数ありますが、ここの人気は頭一つ抜けています。ここでは、イースト駅前クリニック 新宿院が人気を集める理由について探っていきましょう。

通いやすい、新宿駅からすぐ!

JR新宿駅東口からは徒歩1分で到着。東京メトロはB13出口、西武線は南口を出れば、同様に徒歩1分ほどでイースト駅前クリニックに着きます。ビルの3Fがクリニックとなっていますが、「EAST」の看板があるのですぐにわかりますよ。看板と言ってもシンプルに「EAST」としか書かれていないので、ED治療のクリニックであるということが周囲にバレる心配はありません。

「イースト駅前クリニック 新宿院」がおすすめである理由

土日祝日も診療を行っており、予約なしで受け付けてもらえます。「なんとかしたい!」と思ったときに、予約をせずに直行できるというのはいいですよね。そして、発生する費用はシアリスの代金のみ。なんと、再診だけでなく初診時も診察料が掛からないんです。診察料が掛からなくても医師による問診は行われますので、安心してシアリスを処方してもらえます。また、平日は20時まで診察を行っており、受付は診察終了時間の5分前まで可能です。

「イースト駅前クリニック 新宿院」の強み3つ

「これがあるからイースト駅前クリニックがいい!」と思えるポイントを、3つに絞って紹介します。

初診も再診も診察料が無料

特に既婚者であると、あまりお金を使えないということもあるでしょう。基本的にED治療は自由診療になるため、保険適用外です。しかし、診察料が掛からずにシアリスの代金のみであれば、大分負担が軽くなりますよね。費用が高額になることを心配していた方でも利用できるのではないでしょうか。

思い立ったときにすぐ行ける

年末年始でなければ開院していて、しかも予約不要。これなら、先のスケジュールが読めない方であっても通院することができます。あと、何でもそうですが「予約必須」と言われると少し面倒に感じませんか?行きたいと思ったときにパッといって受け付けてもらえるのは、結構ありがたいものです。

▼WEB問診で時間短縮

直接問診を行なう場合でも10分足らずで終了するのですが、初診の方はWEB問診の利用でさらに時間を短縮できます。また、問診票には現在服用中の薬について記載する必要があるのですが、WEB問診であれば自宅で確認しながらゆっくり書けるので、服用中の薬がある方にもおすすめです。

口コミ紹介

ではここで、イースト駅前クリニック 新宿院の口コミをいくつか見ていきましょう。

診療無料とスムーズなのが素晴らしい
ED治療薬はもう2年以上服用しています。前に通っていたのは普通の病院でした。処方される薬は同じだったのですが、月をまたぐ度に診察料がかかるため、給料日後に駆け込んでまとめ買いをしていました。正直けっこう財布的にキツかったです。
検索したら会社の近くに診察料無料のこちらのクリニックがあって拍子抜けでした。受付も診察もスムーズで、時間をかけてお金を払っていた自分はなんだったんだと(笑)。これからもよろしくお願いします。

20代でも恥ずかしくなく受けられました
22歳学生です。去年くらいからEDかもしれないと思い始めていたのですが、友達に同じ悩みを持つ人がいそうもなく、彼女にも適当にごまかして、誰にも相談できないでいました。
ネットで調べて、学校からできるだけ遠くて行きやすいのがここだったので選びました。ED治療自体初めてだったので緊張しましたが、受付をしてから10分以内には終わっていたと思います。先生から最近は20代でもEDが増えていると聞いて少し■口コミ引用終わり■安心しました。

病院口コミ検索Caloo・カルー

やはり、診察料が掛からないというのは大きいようです。まとめて処方してもらうよりも、こまめに通って医師に体調の相談をしながら処方してもらう方が安心ですね。あとは、診察から処方までがスピーディーだというのも、無駄な緊張感を煽ることがなくて快適に通える理由だと思います。

シアリスの入手方法

効果の持続時間が長いことから、「ウィークエンド・ピル」とも呼ばれるシアリス。実は、クリニックに行かなくても手に入れられる方法はあるんです。それが、海外医薬品の個人輸入。
個人輸入とは、海外で販売されている商品を通販サイトから購入することを言います。国内で売られている商品を通販サイトで購入するのと手順は変わりませんし、同じ商品でも国内での販売価格より安く購入できることもあって人気となっています。
ただし、個人輸入によってシアリスを入手することには、以下のようなデメリットがあります。

税金の発生

消費税は、購入したシアリスの代金が16,666円を超えた場合に必要になります。消費税が発生してしまうことで、結局クリニックで処方してもらった場合と代金が変わらなかったり、逆に高くなってしまったりすることも。

配送トラブル

海外から発送されるものですので、届くまでには時間が掛かると思っておきましょう。また、運が悪ければ商品が破損してしまうこともありますし、いつまで経っても手元に届かない可能性だってあるのです。

服用は自己責任

海外医薬品は日本人向けにつくられたものではありません。だから、用法・用量を守っても効果が出なかったり、反対に出過ぎてしまったりするリスクが考えられます。服用中の薬との飲み合わせも自分で判断する必要がありますね。また、もし服用した結果トラブルが発生しても、それはすべて自己責任です。

代金を支払ってシアリスの購入をするのであれば、やはりクリニックで処方してもらうメリットの方が大きいように思います。国内の販売価格より安く購入できるとはいっても、さほど大きな差はないようですしね。「欲しいときにすぐ手に入る」「医師の判断のもと処方されたものである」というのは、個人輸入をするよりも高い値段で購入するだけの価値があるのではないでしょうか。