東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

機能低下のイメージ
EDは放置しても治りません。いつまでも男としての人生を楽しむには、ED治療を専門に取り扱うクリニックでED治療薬を処方してもらうのがおすすめです。

EDクリニックでは、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの、ED治療薬による治療をはじめることができます。
自分に合う治療薬があるのか知りたい方は、WEBから診察予約がとれるイースト駅前クリニック神戸三宮院がおすすめです。しかも、初診の方であれば割引特典が適用されます。
ED治療は保険適用外の診療なので、少しでも出費を抑えたい方は見逃せないお得なシステムです。

こちらから予約すると5000円以上の処方で500円の割引キャンペーン中
↑クリック

私も色々考えた末に利用させてもらいました!

クリニックでED治療を受けませんか

ご存知ですか?現在、日本の成人男性の4人に1人がEDを患っているんです。EDとは、勃起機能の低下を意味する「Erectile Dysfunction」の略称。つまり、勃起障害を意味する言葉です。
EDの症状は人によって個人差のあるものですが、“勃起しないために満足な性交ができない”ということが時折ある人はEDを患っている可能性が高いといえます。なお、“たまに勃起しない”という人も要注意。“たまに勃起しない”という人は軽度EDと称され、高頻度で勃起しない中度EDや重度EDの予備軍といえます。
なお、EDは年齢とともに発症しやすくなります。実際に、ある製薬会社の調査によると、中度・重度のEDに悩む男性の70%以上が40歳以上となっています。
そして、10代ではEDに悩む男性が1%未満だったのにも関わらず、20代になると2%以上、30代になると9%以上、40代になると15%にまでEDに悩む男性が増えていくことも明らかです。
年齢が上がることにEDに悩む男性の数が増えていくのには、EDの原因のひとつである老化が関係しています。勃起は外部から受けた性的刺激が神経系に信号を送り、神経系が血管系に「陰茎へ血を流し込め」という指示を下すことで起こる現象です。
しかし、年齢を重ねていくと、老化による細胞の機能低下に加え、不規則な生活習慣や食生活、疾患やストレスなどの影響から神経系や血管系の働きが悪くなり、外部から性的刺激を受けても正常に勃起が起こらなくなってしまいます。これが、EDの起こる器質的な原因です。
よって、神経系の働きが低下しがちな糖尿病やうつ病の人、血管系に支障が及びがちな動脈硬化や肥満、高血圧な人には、EDのリスクファクターとなる因子が多いに潜んでいます。今から注意が必要です。
また、EDには器質的な原因のほか、心因的な要素も関与しています。例えば、パートナーとの性交の際にうまく勃起できず失敗してしまったとき。このような場面において自分の男性としての自信をなくしてしまうという人は少なからず存在するはずです。
そして、そういう人は次回の性交時にも「また失敗したらどうしよう」という焦せりや不安に駆られることになります。こういった精神的な負荷は神経に大きく影響を及ぼすもので、結果的に正常な勃起のメカニズムを阻害し、EDを引き起こす原因となります。
なお、EDには症状に応じて幾つかの治療法がありますが、ED神経系や血管系の支障によって引き起こされる器質性ED、そして精神的な負荷から引き起こされる心因性のED、このどちらにも有効な治療法として挙げられるのが、レビトラやシアリスといったED治療薬です。レビトラとシアリスは世界的に支持されているED治療薬。効果効能はもちろん、安全性も確立されています。
ED治療を専門に取り扱う神戸のクリニック「イースト駅前クリニック」でも処方してもらえるので、ED症状にお悩みの人は是非とも足を運んでみましょう。

クリニックで処方される薬は主に3つ

本物のバイアグラ

ED治療を専門に取り扱う神戸のクリニック「イースト駅前クリニック」では、3つのED治療薬を処方しています。その1つであるバイアグラはED治療薬の代表として確固たる地位を築き、世界で最も歴史のあるED治療薬として1998年にアメリカで販売されました。その効果の高さから世界中へと広がり、日本においてもニーズが急騰。個人輸入業者を介して日本でも服用者が激増しました。結果、乱用が相次ぎ、重大な副作用を引き起こすケースもしばしば見られたことから日本でも認可が下り、1999年に正式に販売が開始されました。

レビトラも勃起不全に大きな効果をもたらす治療薬ですが、バイアグラとは大きく特徴が異なります。それは、バイアグラでは非推奨とされていた食事ができるようになったことです。レビトラは、摂取カロリーが800kcal程度であれば、効果にほぼ影響はないとされています。また服用してから15分程度で効果が現れ、5~10時間程度は保持されるなど、即効性の高さが大きな特徴とされています。

バイアグラは元々、狭心症の治療薬として開発されていましたが、血管拡張効果には陰茎の勃起を促進するという予想外の作用が見られたため、EDの治療薬として開発・販売されたという経緯があります。以降は画期的な新薬としてバイアグラはED治療の中核となり、現在に至るまで大勢の人に処方・服用されてきました。個人差はあるものの服用後1時間程度でピークを迎え、5~6時間ほど効果が継続します。

軽微な症状ではあるものの、バイアグラにもいくつかの副作用が存在します。血管拡張作用によって、主に顔のほてりや紅潮、そして目の充血が最も多く、服用者のおよそ9割はこの症状を体験することになりますが、身体的な負担は少ないため大きな心配は必要ありません。その他にも頭痛や動悸、鼻詰まりといった症状も見られますが、たいていはバイアグラの効果が切れるころに合わせて改善されるケースが多く、こちらも心配の必要はないとされています。

ED治療薬として大きな効果を誇るバイアグラですが、状況によっては服用を避けるべきケースがあります。服用ができない人の条件としてはバイアグラの含有成分にアレルギーを起こした人や心臓・脳血管に障害を抱え、性交渉が大きな負担となる人、そして重い肝機能障害を持つ人が対象です。また、6ヵ月以内に脳梗塞や心筋梗塞の既往歴を持つ人も同じくバイアグラの服用は不可となっているようです。
このように、正しく使えば生活を豊かにするバイアグラですが、間違った服用をすると抱えている病を悪化させてしまったり、重篤な症状を引き出したりする可能性もあるため、服用時には十分に注意しなければいけません。

服用方法としては直前の食事やアルコールは控え、性交渉の1時間ほど前に飲んでおくことが推奨されています。またもう1つの注意点として、硝酸剤といった併用禁忌薬もバイアグラ服用の禁止条件とされているため、併用している医薬品がある場合は自己判断せず、神戸のイースト駅前クリニックなどのED治療専門医に相談しましょう。

バイアグラとは異なる特徴を持つレビトラは、ドイツのバイエル薬品によって2003年に開発・販売されました。日本では2004年から販売を開始しており、神戸のイースト駅前クリニックでも多くの処方実績があります。レビトラはバイアグラの改良版として世に誕生したED治療薬で即効性が高く、食事の影響も受けにくいことが大きな特徴です。バイアグラでは効果が現れなかった人にレビトラが処方されるなど、ED治療薬をより効果的かつ身近なものにするきっかけとなった治療薬です。

レビトラの副作用は主に血管拡張の影響によるものが多く、顔のほてりや目の充血、動悸や頭痛に鼻づまりなど、ほとんどがバイアグラのものと同じ症状です。程度は軽く、レビトラの効果が切れる頃には症状が引いているため、効果時間中の症状をあまり気にする必要はありません。食事に対して寛容なレビトラですが、一点注意すべき点としてグレープフルーツの摂取が厳禁とされています。
その理由はグレープフルーツに含まれる成分がレビトラの血中濃度を上昇させ、重い副作用に繋がる可能性があるためです。

バイアグラと同じ理由で、レビトラも服用を禁じられるケースがあります。ED治療薬には血管拡張や血行促進の効果があるため、心臓や血管に問題を抱えている人や重度の肝機能障害を持つ人、そして不整脈がある人は服用禁止とされており、他にも半年以内に脳梗塞や心筋梗塞の既往歴がある人も服用を禁じられています。レビトラを服用する際は、神戸のイースト駅前クリニックのようなED治療専門医に相談した上で正しく使用しましょう。

食事や飲酒といった影響を受けにくいレビトラはその取り扱いやすさから多くの人に処方されており、即効性の高さが評価を得ています。そんなレビトラにも服用時に気を付けるべき点があります。1つは前述したグレープフルーツと、もう1つは併用禁忌薬の存在です。硝酸剤を代表とする併用禁忌薬はレビトラと関わることで重篤な副作用を引き起こす可能性がありますので、常用している人は独断でレビトラを使用せず、ED治療専門医の指示に従いましょう。

ED治療薬の中では最も新しく販売されたのが「シアリス」です。イーライリリー社から2003年に販売され、日本では2007年から販売開始を迎えています。副作用の少なさや効果持続時間の長さからシアリスのニーズは徐々に高まっていき、2013年にはシアリスがED治療薬のシェアトップを誇りました。食事内容やタイミングによる影響が少なく、扱いやすいことも大きな特徴とされています。神戸のイースト駅前クリニックでもレビトラと並び、多く処方されているED治療薬です。

シアリスの効果持続時間の長さは、現在流通しているED治療薬の中でも群を抜いています。服用してから効果の発現まで3時間かかるため、即効性は極めて低いものの人体に緩やかで自然な効きを見せます。バイアグラやレビトラとは異なり、一度服用すると24~36時間は効果が持続します。週末はシアリス1錠で楽しめることから、別名「ウィークエンドピル」の名でも親しまれているED治療薬です。

ED治療薬による副作用は軽微なものが多いため、それほど心配する必要はありません。それはシアリスも同様で、症状としては頭痛や紅潮、ほてりといった症状が代表的です。正しい用法と用量を守って服用した場合は、重大な副作用を引き起こすことはほぼないとされます。まれに胃の不快感や消化不良といった症状も見られますがどれも軽微で一時的なため、シアリスの効果が切れる頃には症状も引いているケースがほとんどです。

しかし、状況によってはシアリスの服用が禁じられるケースがあります。多くはバイアグラやレビトラと似ており、半年以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある、不整脈を患っている、重度の肝機能障害を負っている人はシアリスの服用ができません。また、狭心症の薬として処方される硝酸剤といった併用禁忌薬を常用している場合も、服用時に重篤な副作用を引き起こす恐れがあるため、シアリスの処方ができないケースがあります。シアリスの服用法としては食事やアルコールの影響を気にせず、また効果時間の長さからタイミングを計る必要もないため、特に注意すべき点はありません。ただ、効果の発現まで3時間程度かかるため、性交渉の3時間前には服用を済ませておくようにしましょう。また、グレープフルーツとED治療薬との相性は悪く、重大な副作用を引き起こす可能性があるため、シアリス服用時にグレープフルーツを摂取することは控えましょう。

ED治療薬の紹介

本物のシアリス

バイアグラとレビトラとシアリスは、価格にも違いがあります。価格相場ではシアリスが最も高く、1錠あたり10 mgで1,700円、20 mgで2,000円です。これに対して、レビトラは1錠あたり10 mg:1,500円、20 mg:2,000円。バイアグラは25 mg:1,300円、50 mg:1,500円と含有量が多いにも関わらずシアリス、レビトラよりも安価な傾向にあります。
なお、バイアグラの場合は日本で認可されているジェネリック医薬品もあり、ジェネリックのバイアグラであれば1錠あたり50 mg 1,000円という安さです。なお、レビトラとシアリスに関しては、まだ日本で認可されているジェネリックはありません。ネット上の通販では海外のジェネリック医薬品のレビトラ・シアリスも出回っており、中には最安値のものもあるでしょう。しかし、厚生労働省の認可も受けていない薬であるため、安全性を考えれば購入は避けたほうが良いといえます。
ED治療薬は、神戸のイースト駅前クリニックのようなED治療を専門に取り扱うクリニックで処方してもらうのがおすすめです。神戸のイースト駅前クリニックなら、初診料・診察料も0円。安心・安全に、そして効果的にED治療薬を服用したいという人は、是非とも神戸のイースト駅前クリニックで薬を処方してもらいましょう。

クリニックの診療の流れ

神戸のイースト駅前クリニックのようなED治療を専門に取り扱うクリニックでED治療薬を処方してもらう場合には、メールや電話で予約しておくのがおすすめです。予約不要のところやオンライン予約限定のところもあるので、まずはクリニックのHPをチェックすると良いでしょう。
予約日当日は緊張せずに来院し、受付で問診表を受け取り、診察に臨みましょう。問診票や診察では、勃起機能や性生活に関することを記入したり話したりするわけですから、恥ずかしい気持ちもあるかもしれません。ですが、EDを早期治療するためには、症状を事細かく医師に伝える必要があります。勇気を出して正直に打ち明けましょう。
診察が終われば、診察の内容に合わせて薬を処方してもらえます。待ち時間なくスムーズに処方してもらえるので、忙しい方でも安心です。

ED治療のQ&A

神戸のイースト駅前クリニックのようなED医療を専門に取り扱うクリニックでは、保険治療を取り扱っていません。そのため、クリニックへ足を運ぶ日には保険証は必要ありません。特に必要な持ち物等もないので、仕事帰りはもちろん、ふと思い立ったときでも気軽に診療を受けに行くことができます。
なお、診療では、服用中の薬や治療中の疾患、ED症状の頻度や症状が出始めた時期などについて問われることがほとんどです。必要に応じて、血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定などが行われることもあります。
「下着を脱ぐのでは…?」などと心配している人もいるかもしれませんが、ごく一般的な内科の診察とそんなに変化もありませんので、安心してください。

クリニック価格表

医院名 初診料 再診料 バイアグラ
25mg
バイアグラ
50mg
レビトラ
10mg
レビトラ
20mg
シアリス
10mg
シアリス
20mg
イースト駅前クリニック神戸三宮院 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,700 ¥2,000
田中診療所 無料 無料 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,800 ¥2,300
神戸中央クリニック ¥5,400 無料 ¥1,620 ¥2,160 ¥2,160 ¥2,700 ¥2,700 ¥3,240
川崎クリニック神戸院 無料 無料 ¥1,944 ¥1,944 ¥1,944
三聖病院 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明

神戸市とは

神戸市は、背景に迫る六甲山と瀬戸内海にはさまれた細長い市街地を持つ港町です。六甲山系から連なる地形がそのまま海中に沈み込む地形をしており、十分な深さを備えた良港に恵まれています。そのため古くから海運業で栄え、明治の文明開化以降は海外の商人が多く移り住んできました。北野の異人館街では現在も往時を偲ぶことができます。また、六甲山は西洋人が日本はじめてアイゼンとピッケルを使って(近代的な登山方法で)登った山として有名です。六甲山山頂にあるゴルフ場は、西洋人によって日本で初めて設けられたゴルフコースが前身となっています。他にも日本初の西洋文化の移入が神戸にはたくさんあります。
山の手の異人館などの歴史的な建造物だけでなく、港周辺の下町にも神戸の魅力は満載です。特に三宮駅の周辺は神戸ファッションのブランドやショップが多数集まっており、周辺地域からオシャレに敏感な人たちが買い物に訪れています。三宮から元町にかけてのガード下には、戦後の闇市をルーツに持つ商店街が伸びており、個性的な店がたくさん軒を連ねるエリアです。三宮駅の南側には日本の三大中華街である神戸南京町などがあり、国際色豊かな街並みが神戸の異国情緒に彩りを添えています。

神戸市のレビトラ・シアリスなどED治療薬事情

神戸市には、レビトラ・シアリスなどED治療薬を処方するクリニックや薬局が40件以上あります。最も多い地域は神戸市中央区(12件)と西区(10件)で、次いで東灘区(7件)などが続いています。神戸市内の多くのED治療薬を処方するクリニックでは、気軽に診察や相談ができるようにさまざまな工夫を行っています。具体的には、専門の入り口を設けて他の患者さんに会わないで診断や相談が受けられるといった配慮や、スタッフを全員男性にして気兼ねなく相談できるようにするといった取り組みです。また、診断を簡易化して手軽にレビトラ・シアリスなどED治療薬が処方できる仕組み作りにも力を入れています。このような取り組みからED治療の診察を受ける患者さんの数が徐々に増加する傾向が見られます。しかしまだまだ世間的にはED(勃起不全症候群)は病気であるという認識が薄く、治療のために通院することが恥ずかしいとか、相談しづらいと感じる患者さんが多いようです。
受け入れ側であるレビトラ・シアリスなどED治療薬を処方するクリニックはもちろんですが、患者さんの側も、ED(勃起不全症候群)は病気なのだから、治療した方が良いという意識改革が必要でしょう。

神戸のクリニックランキング

1位イースト駅前クリニック神戸三宮院

住所 〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2
三信ビル405
最寄り駅 最寄り駅1:JR 三ノ宮駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 078-272-1181
イースト駅前クリニック神戸三宮院は今年2016年3月にオープンしました。JR三ノ宮駅中央口より徒歩1分、アクセス抜群で仕事帰りにも立ち寄りやすいクリニックです。診療時間は、月〜金曜の10:00~13:30/14:30~19:00、土日祝は10:00~18:00です。
ED・AGAの専門医院として、ホームページには興味深いコンテンツが多数掲載されています。EDの症状は多岐にわたり、自分では気づいていなかったこと、誤解していたことが多い傾向があるため、正しい情報を得ることが治療の第一歩なのです。まずはセルフチェックしてみると良いでしょう。
イースト駅前クリニック神戸三宮院では、来院者の症状や金銭事情などに合わせて、治療薬を1錠から処方をすることができます。スタッフは全て男性、予約不要で初診料・再診料は0円ですから気軽に相談できますね。ED治療は早めの治療がおすすめです。

2位田中診療所

住所 〒653-0036
兵庫県神戸市長田区腕塚町8丁目4-13
最寄り駅 最寄り駅1:JR 新長田駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 078-612-7986
田中診療所はJR新長田駅から徒歩10分、地域医療のかかりつけ医として在宅診療も行う診療所です。専門は生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症)などの内科一般診療および循環器病、腎臓病、老年病などの専門診療ですが、一方でEDの治療にも力を入れています。来院者から寄せられる相談に耳を傾け、院長自ら「神戸ED navi」を立ち上げました。診療時間は、月~土曜の9:00~13:00/16:00~19:00(木・土曜は午前のみ)、日祝は休診です。
ホームページでは一般的な内科診療の豆知識を掲載、併せてEDについても詳しく知ることができます。EDは加齢だけが要因とは限りません。心因的ストレス、神経系障害や外傷性疾患、泌尿器系疾患、薬剤の影響による症状も多くあるのです。正しい情報を知ることが治療の第一歩ですから、まずはホームページでセルフチェックをしてみましょう。Eメールによる問い合わせもできますから、思い当たることがある場合はぜひ相談してくださいね。

3位神戸中央クリニック

住所 〒 650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1-3-15
京町筋安田ビル6F
最寄り駅 最寄り駅1:JR 三宮駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 0120-884-796
神戸中央クリニックは開院25年の実績がある、信頼できるクリニックです。診療時間は10:00~18:00、年末年始を除き休診日はありません。JR三ノ宮駅西口から徒歩3分という好立地です。
診療科目は、形成外科・泌尿器科・美容外科で、EDをはじめとする男性のあらゆる悩みに向き合い、相談者が納得するまでカウンセリングを行います。診察は完全予約制で、待合室は全て個室、プライバシーに十分な配慮があるところもポイントです。丁寧な治療説明と納得の技術に定評があり、他府県からも多くの相談者が訪れています。
ホームページでは、気になる症状別の詳しい説明や費用などが明記されているため、初めてでも安心できますね。相談や予約の電話は、専用フリーダイヤルで9:30から20:00まで受け付けています。また無料のメール相談もできますが、パソコンが苦手な方は手紙で相談(返事は個人名)ができるという細やかな気配りが嬉しいクリニックです。

4位川崎クリニック神戸院

住所 〒 651-0085
神戸市中央区八幡通4丁目2-14
トロア神戸ビル7F
最寄り駅 最寄り駅1:JR 三宮駅
最寄り駅2:阪急 三宮駅
最寄り駅3:
電話番号 078-855-5805
川崎クリニック神戸院は、JR三ノ宮駅から徒歩7分、その技術の高さで人気のクリニックです。診療時間は年中無休の10:00~19:00、診療科目は美容外科・形成外科・美容皮膚科・皮膚科・審美歯科ですが、対象は女性だけではありません。ほぼ同じメニューを男性も選択することができます。
最近は「若返り」を望む男性も多くなってきました。そこには、EDやAGAというデリケートな問題も含まれています。川崎クリニック神戸院では、無料カウンセリングで経験豊富な専門医が最適な治療方法を提案します。数多くの男性の症例を踏まえて、具体的な効果や費用をアドバイスできることも、このクリニックの強みなのです。
ホームページには、料金表と丁寧なQ&Aが掲載されています。大抵の疑問はクリアになりますが、それでも心配なことがあればメール相談を活用しましょう。悩みを改善するために最も大切なことは、医師を信頼し要望をしっかりと伝えることです。

5位三聖病院

住所 〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町4丁目2番5号
最寄り駅 最寄り駅1:JR 三宮駅
最寄り駅2:阪急 三宮駅
最寄り駅3:
電話番号 078-261-2211
JR三ノ宮駅から徒歩3分、三聖病院は地域の患者のニーズにこたえるため、高い医療水準とあたたかい看護を提供する病院を目指しています。主な診療科目は、内科・泌尿器科・整形外科・リハビリテーション科で、入院設備も整った病院です。外来の診療時間は、午前が月~土曜/9:00~13:00(受付12:45~12:30)、午後は月~金曜15:00~18:00(受付14:45~17:30)となっています。ただし泌尿器科は金曜が午前のみ、整形外科は午後の診療がなく、月曜の受付時間は12:00までです。
泌尿器科では男性機能障害の治療も行っています。特に男性不妊症の分野では、学位論文が日本不妊学会学術奨励賞を受賞しているほど研究が進んでいるため、安心して専門医の治療を受けられます。
三聖病院では検診センターを併設し、介護事業にも力を入れています。地域に根差した病院として多くの患者が訪れる信頼の厚い病院です。気軽に相談に行きましょう。