東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは カップル

ED治療薬のイメージ
勃起不全を意味するED。現在は、日本人男性の約4人に1人がEDの症状に悩んでいるとされています。そんなEDには、レビトラやシアリスといったED治療薬が効果的です。

名古屋のクリニックランキング

1位イースト駅前クリニック名古屋院

住所 〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町6-2
三共ビルB1F
最寄り駅 最寄り駅1:JR名古屋駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 052-454-0181
イースト駅前クリニック名古屋院は、各線名古屋駅「太閤通り口」から徒歩1分、好立地で通いやすいクリニックです。火曜は休診ですが、平日は10:00~19:00(13:30~14:30除く)まで、土日祝は10:00~18:00まで診療しています。スタッフは全員男性であるため、EDやAGAというデリケートな相談で女性スタッフの目を気にすることもありません。予約不要で、思い立ったときにすぐ通院できるところも便利で良いですね。
EDの診察時でも服を脱ぐ必要はありませんから、安心して出かけましょう。イースト駅前クリニック名古屋院では、しっかりとした問診により、患者の症状やライフスタイルに合わせた最適な処方をしてくれます。処方薬についてはホームページで紹介しており、ジェネリック薬品も取り扱いがあります。1錠からの処方が可能で、経済的な負担が軽減されるという利点もあります。薬の処方以外に、仕事先での悩みや食生活についても相談にも乗ってくれる、信頼の厚いクリニックです。

2位丸善クリニック

住所 〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目15番27号
いちご栄ビル 6F
最寄り駅 最寄り駅1:名城線 矢場町駅
最寄り駅2:東山線 栄駅
最寄り駅3:
電話番号 052-264-1222
丸善クリニックは名鉄線矢場町駅6番出口から徒歩1分、または東山線栄駅から徒歩5分という、名古屋の中心地にあります。診療時間は平日・土曜の10:00~13:00/16:00~19:00(木曜は13:00まで)、日祝は休診です。
プライバシーに配慮した専用の待合室・受付があり、泌尿器科専門医の資格を持った医師が、相談・診察・処方を行います。初診・再診とも診察料は無料で、かかるのは処方薬の代金のみです。初診の際、インターネットからダウンロードして印刷した問診票・申込書の両方を記入して持ち込むと、会計時に200円の割引(初回のみ)があります。またEDの場合、1人1回限りではありますが、治療薬4種を1錠ずつ集めた「おためしセット」を処方してもらうことができます。これは個別の合計代金より約1,000円割り引きとなっており、薬との相性を試したい来院者に好評です。
丸善クリニックは、患者の不安をきちんと受けとめ、根拠に基づいた医療で泌尿器科全般に対応できる安心のクリニックです。

3位上野クリニック名古屋院

住所 〒453-0015
名古屋市中村区椿町5-6 WEST NAGOYA 56(ウエストナゴヤ) 6F
最寄り駅 最寄り駅1:JR名古屋駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 052-562-5000
上野クリニック名古屋院は、JR名古屋駅の新幹線口(太閤口)の地下街E5出口から徒歩2分、男性のあらゆる悩みに真摯に向き合う信頼のクリニックです。火・水は休診ですが、それ以外は10:00~20:00まで診療しています。ただし、完全予約制なので、事前に電話かWEBで予約を取りましょう。電話相談はフリーダイヤルで24時間受け付けています。直接話すことに抵抗がある場合は、メールで相談することも可能です。もちろん対応は全て男性スタッフです。
上野クリニックでは、一人ひとりの症状に合わせて専門家の立場から最適なカウンセリングと治療を行っています。全国14か所の医院でカルテをやり取りできるため、旅行や転居の際にも、そのネットワークで柔軟な対応が可能です。ホームページでは症状に関するさまざまな情報を発信しており、体験談や治療薬についても調べることができます。Q&Aも充実しているため、事前に見ておくと安心して相談できますよ。

4位名古屋スキンクリニック

住所 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-14-19
富田ビル4F
最寄り駅 最寄り駅1:名古屋市営地下鉄東山線 栄駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 052-263-9958
名古屋スキンクリニックは地下鉄栄駅から徒歩2分という好立地にあり、診療時間は10:00~19:00、完全予約制のクリニックです。担当医師がカウンセリングから処方(会計)までを一括で行うため、診察時間を短縮、とてもスムーズに進みます。問診票や承諾書をホームページからダウンロードできるため、記入して持参すると良いでしょう。
また、EDの専門サイトでは、24時間無料のメールカウンセリングを利用できます。住所や氏名の入力は不要、プライバシー厳守で専門のカウンセラーがメールで答えてくれるシステムです。症状や診察内容に不安がある場合は、あらかじめ相談しておくと安心ですね。受診希望の日時を記載すれば、対応可能か回答してくれます。
専用のフリーダイヤルによる完全予約制ですが、空きがあれば当日でも予約できます。EDの場合、初診・再診とも診療費は無料、お薬代だけで診察が受けられます。もちろん、男性医師を指定することも可能です。

5位なかやまクリニック

住所 〒456-0058
名古屋市熱田区六番二丁目1-30
最寄り駅 最寄り駅1:名古屋市地下鉄名港線六番町駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 052-618-6222
なかやまクリニックは、名古屋市地下鉄名港線「六番町駅」の②番出口を出て、東に徒歩1分の所にあります。一般的な内科診療の他、専門性を生かした糖尿病・甲状腺治療、生活習慣病の治療、禁煙外来、AGA・ED治療などを行う地域密着型のクリニックです。
診療時間は月曜:9:00~12:00、火~金曜:9:00~12:00/16:00~19:00、土曜:9:00~13:00で、日曜・祝日は休診となっています。初診のみ電話予約、2回目からはホームページの「NET予約」が利用することが可能です。
クリニックのホームページでは各診療科について詳しく説明されており、医療機器や処方薬の紹介、中部労災病院をはじめとする5つの総合病院との連携など、充実した医療体制で治療にあたる院長の熱意が伝わります。また、禁煙外来のページには「ニコチン依存症のチェック」が、ED治療のページには「EDのセルフチェック」が掲載されていますから、気になる方は受診前にチェックしてみると良いでしょう。

EDの治療はどんなものがあるの?

日本人男性のうち、勃起ができず性行為が行えないという完全EDの方は、約260万人。たまに勃起、たまに中折れというように中等度EDの方は、約870万人。合わせると約1,130万人もの方がEDの症状に悩まされており、男性の約4人に1人がEDであるといわれています。また、年代別にみると、40代では約5人に1人であるのに対し、50代では2.5人に1人、60代になれば約1.7人に1人が中等度以上のEDの症状を患っています。このことから、EDは年齢を重ねるたびに発症する可能性が高くなることがわかります。しかし、ストレス社会といわれる近年においては、20代や30代といった若年層であってもEDに悩む方が増えています。それにより、ED治療を専門とするクリニックも増加しています。
ED治療を専門とするクリニックでは、主にレビトラやシアリスを用いた薬物治療が行われています。クリニックでは問診や検査を行い、その人の体質や常用薬などから、安全に服用できるED治療薬の処方を受けることができます。そのため、正しく安全に服用するためにもクリニックを利用することをおすすめします。

EDの治療薬の種類

正規品シアリス

世界的に有名なED治療薬として有名なものは、やはりバイアグラですが、その他にもシアリスやレビトラといったED治療薬が存在します。以下では、それぞれの特徴について詳しくご紹介します。

バイアグラ
世界で最初に製品化されたED治療薬で、1998年にアメリカで販売が開始されました。翌年の1999年には日本での販売も認可され、瞬く間に世界中に広がりました。
服用後、30分~1時間ほどで効果が現れ、その後4~5時間ほど効果が持続します。
副作用には、顔のほてりや目の充血などがありますが、これらは効果が現れた合図でもありますので、あまり心配する必要はありません。ただし、重度の肝機能障害を患っている方や、低血圧/高血圧の方などの方は重度な副作用が発症する可能性がありますので、バイアグラを服用することはできません。
また、塩酸アミオダロン、硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は併用禁忌薬となっています。
レビトラ
男性特有の病気であるEDや勃起不全、治療には主にバイアグラを使用することが多いですが、レビトラという薬が使われることもあります。
レビトラはバイアグラの次に製品化されたED治療薬です。水に溶けやすい性質を持ち、服用後は20分ほどで効果が期待できると言われています。即効性だけではなく、持続時間も約4時間から8時間と長く、長時間性行為を楽しまれたい方に好まれる薬です。また、レビトラは他のED治療薬よりも少量で効果を実感できると言われています。
ED治療薬と聞くと「ペニスを勃起させる薬」と考える方もいると思いますが、勃起は性的興奮や刺激によって起こる生理現象です。男性の体は性的興奮や刺激を受けると「NO」という一酸化窒素を体内で放出します。放出したNOは、体の局部にある物質「サイクリックグアノシンーリン酸」を刺激し、それがペニス内で増えていき、血管を拡張させます。拡張されたペニスは通常よりも大きくなります。これが勃起という生理現象です。
「サイクリックグアノシンーリン酸」は、その後「PDE5」という物質によって分泌され、それによって勃起したペニスは縮小していきます。レビトラやシアリスといった薬は、この「PDE5」に作用する薬で働きを抑え、より長く勃起状態を継続させる、勃起補助の効果が期待できると言われています。つまり、レビトラやシアリスは「勃起させる」のではなく「継続させる」目的で製品化された薬ということです。
レビトラの副作用としてよく挙げられるのは、顔のほてりや頭痛、目の充血です。バイアグラやシアリスと同じ副作用が現れやすいと言われていますが、バイアグラやシアリスに比べて副作用が少ない薬でもあります。深刻に考える必要はなく、副作用が現れた場合は「薬が効いてきた」という合図だと思っても良いそうです。
しかし、薬は正しく使用しないと、予期せぬ副作用が現れる可能性があります。性行為を長く楽しみたいと安易な気持ちで、レビトラを大量に摂取してしまうと体に悪影響を与えてしまいます。医師の指示通りに飲用することが大切です。

重度の肝機能障害、高血圧や低血圧の方はレビトラを服用することができません。レビトラやバイアグラ、シアリスといった薬は、男性専用の薬であるため、女性の服用は禁止です。体が成熟していないことから、未成年の服用も禁止されています。ただし、既婚者の場合は服用が認められています。
また、血管を拡張させるレビトラは、同じ効果が期待できる硝酸薬との服用は絶対禁止と言われています。硝酸薬は飲み薬だけではなく、張り薬やスプレーなどもあるので、レビトラを服用する前に硝酸薬を使用していないか注意深く意識されたほうが良いでしょう。

レビトラの服用は性行為する時間の1時間前に飲むと効果があり、さらに空腹時なら20分ほどでより効果が期待できると言われています。1日1回の服用が定められており、再度服用する場合は24時間以上空けるようにしてください。また、レビトラは水やぬるま湯以外の飲み物で服用しても大丈夫です。ただ、他の薬と同じようにアルコール飲料での服用は注意が必要です。レビトラやシアリスといった薬は、アルコール度数が高いお酒と一緒に服用してしまうと、薬の効果が薄れてしまいます。お酒を飲む場合は少量に抑えた方が良いでしょう。

シアリス
バイアグラやレビトラに続き、シアリスは2000年代に現れたED治療薬です。日本では2007年頃から使用され、2013年には全世界シェアが40%と「最も利用されている人気のED治療薬」となりました。即効性があるレビトラとは違い、シアリスはゆるやかに効果が現れ、勃起継続を手助けしてくれます。早めに性行為をされたい方はレビトラを、ゆっくり行いたい場合はシアリスと、自分のライフスタイルに合わせて服用されても良いでしょう。

レビトラと同じように勃起継続の効果が期待できるシアリスの主な成分は「タダラフィル」という成分です。タダラフィルはED治療薬以外の薬でも使用されることが多い成分であり、シアリスは持続時間の長さが最大の特徴です。バイアグラやレビトラのように即効性がある薬とは違い、遅効性なので、スローペースの性行為を好む方々に人気の高い薬でもあります。
また、シアリスは従来のED治療薬とは違い食事への影響が少なく、食事後の性行為が可能になったのも、シアリスの魅力のひとつと言えるでしょう。

シアリスの副作用は、他のED薬と同じ副作用が現れることが多く、顔のほとり、目の充血といった症状があります。しかし、遅効性のシアリスは体への影響も遅く、副作用の症状が現れにくいのも特徴のひとつです。しかし、現れにくいといっても注意が必要であり、頭痛や消化不良、鼻づまりなどの症状が起こることもあります。また結膜炎といった症状事例もあり、症状が現れた場合は服用を中止し、医療施設で処置を行うことをおすすめします。

人気の高い治療薬であるシアリスは、バイアグラやレビトラと同じように重度の肝機能障害の方、未成年の服用を禁止しています。また血管を拡張させる硝酸薬との服用は絶対禁止です。急激な血管の拡張は血圧を低下させる可能性が高く、体に悪影響を起こしてしまうことがあるためです。また、シリアスには硝酸薬以外にも、併用禁忌薬が多数存在します。シアリスを服用する前に薬剤師や医者に一緒に服用できるかどうか確認をとることをおすすめします。薬の情報に関する手帳を持参し、薬名を控えておきましょう。

レビトラやバイアグラといった即効性の高い薬とは違い、シアリスは遅効性であるため、性行為をする3時間前に飲むのがベストなタイミングと言われています。食事の影響はあまりありませんが、空腹時に服用することで、より効果が期待できます。食事をとる場合はグレープフルーツやアルコールは控えた方が良いでしょう。理由としては、グレープフルーツやアルコールに含まれる成分によって、シアリスの効果が薄くなるからです。

偽薬に注意

箱から出したレビトラ

レビトラやシアリスといったED治療薬を正しく安全に服用するためにも、偽物には気をつけましょう。
個人輸入業者などのECサイトで販売されているED治療薬は、その約半分が偽物であるとされています。含有成分について分析を行った結果、有効成分を全く含んでいないものや、有効成分のほかに違う成分が含まれているもの、更には不純物が含まれているものも発見されました。不純物が含まれているようなものを服用すると、健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。実際にこれまでには何件か健康被害を訴える報告がされています。ECサイトなどで販売されている偽物は、正規品に似ている色や形をしているものがほとんどであり、パッと見ただけで区別することは難しく、販売している業者ですら偽物であるということに気がついていない場合があります。また、中には悪徳な業者も存在しており、そういった業者を利用してしまった場合、個人情報が流出したり、スキミング被害に巻き込まれてしまったりすることもあります。

安心して使うにはやっぱりクリニックが一番!

安心してレビトラやシアリスを服用するには、やはりきちんとしたクリニックでの処方をおすすめします。
クリニックでは、正規ルートで入手したED治療薬だけが処方されているため、偽物を掴まされてしまう心配もありません。また、ED治療を専門とする医師による問診や検査により、体質に合った薬の処方を受けることができますし、万が一副作用などが発症した場合には相談をすることもできます。更にクリニックによっては、ED治療薬と合わせて、安定剤の処方を行っているところもあります。そのため、ストレスなどが原因の心因性EDの方も治療を受けることができます。

受付から処方までの流れは、クリニックによって様々ですが、名古屋駅前に医院を構えるイースト駅前クリニック名古屋院では、受付から処方までにかかる時間は10分程度です。その時間の中で、検査や問診を行うこともあるため、場合によってはもう少し時間がかかる場合がありますが、再診であれば更に短い時間で処方を受けられることもあります。
クリニックによって初診料などといったかかる費用が異なる場合もありますし、メール相談などを行っているところもあります。そのため、気になるクリニックがあればまずは相談してみましょう。

クリニック価格表

医院名 初診料 再診料 バイアグラ
25mg
バイアグラ
50mg
レビトラ
10mg
レビトラ
20mg
シアリス
10mg
シアリス
20mg
イースト駅前クリニック名古屋院 無料 無料 ¥1,300 ¥1,450 ¥1,450 ¥2,000 ¥1,700 ¥2,000
上野クリニック名古屋院 ¥3,240 (処方料:
¥2,160)
¥1,944 ¥1,620 ¥2,160 ¥2,160 ¥2,268
名古屋スキンクリニック 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,200 ¥1,800 ¥2,400
なかやまクリニック 不明 不明 ¥1,200 ¥1,500 ¥1,400 ¥1,500

名古屋市とは

名古屋市の人口は2,302,696人(2016年6月現在)となっており、東京特別区部を除いて大阪市、横浜市に次ぐ全国で第3位の人口を擁しています。名古屋市は愛知県の県庁所在地であり、中部圏の経済や文化の中心都市です。

あまり知られていませんが、名古屋は数々の戦国時代の名将を生み出してきた町です。例えば、織田信長は名古屋市中区で、豊臣秀吉は中村区で誕生しています。また、柴田勝家や丹羽長秀、前田利家、加藤清正などの武将も名古屋の誕生です。名古屋は江戸時代に徳川御三家の居城として有名な、名古屋城の城下町として栄えてきました。また、明治維新の際には、第14代尾張藩主徳川慶勝が新政府側に付くことで江戸幕府を終焉させるなど、時代の転換期におけるキーパーソン的な役割を発揮させてきました。

このような歴史を持つ名古屋市ですが、その中心部には栄や名駅(名古屋駅)といった名古屋市内はもとより、中部エリアから多くの買い物客や飲食客を集める繁華街があり、大変賑わっています。また、栄や名駅といった繁華街の地下には巨大な地下街が発達しており、地下網なども整備され、さながら地下都市といった様相を呈しています。名古屋駅の周辺は、ネスコの創造都市に認定されていて、デザイン性を重視したスリルある景観が大きな特徴です。

名古屋市のED治療事情

名古屋市には、100件にのぼるレビトラやシアリスなどのED治療薬を処方するクリニック、医療施設があります。一番多い地域は19施設を持つ名古屋市中区となっており、次いで中村区の14施設です。中心部に近づくにつれて人口密度が高くなり、ストレスの度合いも高くなっていく傾向が見られます。そのような背景が、ED治療を行う医療施設の数にも反映していると考えられます。

とある調査によると、成人男性の8割以上が勃起しなくてセックスができなかった経験を持っているといわれています。EDの悩みを抱えていても相談する場所がない、あっても恥ずかしくてできない、そういったケースが多く見受けられるようです。また、EDの治療を受けたいが、思い切って治療に踏み切れない、または、病気ではないと思っていることなど、EDに関する正しい認識が普及していないという現状があります。

このような状況を踏まえて、名古屋市でももっと気軽にED治療が受けられるクリニックの認知度を高め、EDは恥ずかしい、病気ではないといった間違った認識を改めていく必要があります。また、手軽にレビトラやシアリスなどのED治療薬が処方してもらえるクリニックや医療施設の創設が必要です。診療に時間がかかる、待ち時間が苦痛である、そういった点も改善していくべきでしょう。