東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは カップル

治療のイメージ
ED治療薬の発展によって、EDは簡単に改善できる病気になってきました。EDはストレスが原因で、悪化する場合もあります。悩んでストレスを溜め込む前に、EDクリニックに相談しましょう。

EDは薬で改善できる(EDの症状や原因、対策の紹介)

性的刺激や性的興奮を覚えても、「勃起しない」「勃起までに時間がかかる」「勃起してもすぐに戻ってしまう」などの症状が現れるED。男性の4人に1人が発症しているといわれており、多くの男性がEDに悩まされています。
諸説あるものの、EDの発症には生活習慣が深く関わっていると指摘されています。正常な勃起には、性的刺激を脳に伝える神経と陰茎に血液を送りこむ血管が正常に働いていなければなりませんが、この2つの働きが、不規則な食生活、運動不足、ストレス、過度の飲酒など、生活習慣の乱れによって、阻害されるとEDを招いてしまうのです。そのため、EDの予防・改善には乱れた生活習慣を正すことが大切だとされています。
そんなEDの治療方法は、古くから世界中で研究・開発されており、男性にとっての大きな悩みの1つとなっていました。そんなED治療に転機が訪れたのが1998年。アメリカで世界初のED治療薬としてバイアグラの販売が開始されたのです。服薬によってEDを改善するバイアグラは、非常に高い効果を示し、画期的なED治療方法として世界中へと波及しました。
発売の翌年、1999年には日本での販売が開始され、バイアグラは多くの男性の勃起をサポートしています。その後、ドイツや日本からも新たな治療薬が生まれ、服薬によるED治療が一般的に認知されていきました。現在、さまざまなED治療薬がクリニックに置かれ、それぞれの症状にあった治療が行えるようになったのです。

EDの薬には幾つかの種類があることを知っていますか?

様々なレビトラ

バイアグラの他に、どのような治療薬があるかご存知でしょうか?日本のクリニックで取り扱われているED治療薬では、ドイツ生まれのレビトラと日本生まれのシアリスが有名。それぞれの特徴についてご紹介します。

バイアグラは、世界で初めて誕生したED治療薬です。元々は、狭心症の薬として開発をしていた薬だったのですが、認証試験の時点で、あまり効果が無いことが分かり、開発中止の予定となっていました。ところが、試験に参加していた検体の方達が、バイアグラを返すことが決まっても、返さなかった人が多かったのです。
そこで、どういうことなのかを聞いたところ、勃起不全を改善することが多数報告されました。このような変わった経緯があり、バイアグラは、世界で初めてED治療薬として認可されることになりました。アメリカでは1998年に薬として承認され、日本でも1999年に異例の早さで承認されています。

バイアグラは、青色でひし形が特徴の錠剤です。服用することで、外部からの刺激によってより勃起しやすくなり、最大6時間まで持続します。ただ、飲んだからと言って興奮する訳では無く、血管拡張により陰茎に多くの血流を流すことで、勃起不全を改善するといった効果が期待できます。

バイアグラの副作用は、体が熱くなる、目の充血などで個人差はありますが、あまり気になるような症状ではありません。効果が現れていると考えた方が良いでしょう。他にも鼻づまり、動悸、頭痛が副作用として現れることがあります。また、光を過敏に感じたり、色が違って見えたりする方もいるとのことです。副作用が出た場合は、4~6時間で治まると言われています。

バイアグラはED治療に効果が認められており、勃起不全を改善する効果がありますが、飲んではいけない方もいます。まずは、心臓疾患や高血圧症、糖尿病や肥満の方は医師と相談してください。それから、狭心症やうつ病の治療薬を服用している方も、主治医と相談する必要があります。硝酸剤を服用している人は、著しく血圧を低下させる場合がありますので、基本的にはバイアグラとは飲まないほうが良いと言われています。また、持病をお持ちで、薬を服用しているといった方も医師に相談したほうが良いでしょう。

バイアグラを服用する際は、性行為を行う1時間前に飲むようにしましょう。食事の内容によって薬の吸収速度が変わるため、食事をする30分前に飲めば効果が強くなると言われています。水や清涼飲料水、または、お茶と一緒に飲んでください。アルコールで飲んでも大丈夫です。アルコールには精神安定作用もありバイアグラの効果も高まると言われていますが、飲み過ぎは勃起作用を下げてしまいますので、注意しましょう。また、次回の服用までは24時間以上の間隔を開けてください。

日本では、25 mgと50 mgの規格のバイアグラが販売されています。さらに、2016年10月21日からはバイアグラODフィルムの製造も承認されました。財布などに入れておくことも可能となりましたので、医師に相談してみてください。

レビトラは、2001年にドイツの製薬会社で開発された、バイアグラに次ぐED治療薬です。2004年には日本でもED治療薬として販売が開始されています。オレンジ色で円形が特徴ですが、中身は白い錠剤です。
レビトラは糖尿病の方のED治療にも効果があると言われていますので、糖尿病をお持ちの方は医師と相談してみると良いでしょう。また、バイアグラの50mgで効果が得られなかった人にも有効だと言われていますので、一度レビトラに変えてみるのも一つの選択肢です。

服用するとすぐに効き目があるのがレビトラの特徴で、最短40~50分程度で効果が現れてきます。5 mg、10 mg、20 mgの規格があり、20 mgの場合は最大10時間まで効果が続きます。こちらも他の治療薬同様、勃起をサポートしますが、あくまで勃起をした後にその硬さを保てるよう補助してくれる薬だと理解しておいてください。

副作用に関しては、バイアグラと同様で、ほてり、目の充血などが表れます。また、鼻づまり、動悸などを感じる方もいるそうです。個人差はありますが、それほど重い症状ではないため、効果が現れ始めた目安と考えると良いでしょう。他にも胸焼けや背部痛などを感じる方もいるとのことですが、4~6時間で症状が治まる場合は、そこまで気にする必要が無いと考えてください。

レビトラも、服用できない方がいます。基本的にはバイアグラと同様に、心臓疾患や高血圧症の方には処方されません。また、低血圧症や肝障害などをお持ちの場合も処方されることは無いと言われています。硝酸剤は飲み合わせてはいけない薬品のため、こちらを服用されている方にも処方できません。他にも服用してはいけない症状がありますので、まずは医師と相談することが必要になるでしょう。

レビトラはバイアグラと一緒で空腹時に飲んだほうが良いとのことです。空腹時の場合なら20分で効果を感じられると言われています。また、バイアグラよりも食事に対する影響が少ないですが、脂質が問題になる場合もあるそうなので、やはり食前に飲むほうが良いようです。水以外にお酒で服用しても問題ありませんが、やはり飲み過ぎは効果を減らしてしまいます。バイアグラと同様で次の服用をする場合は、24時間以上経過してから飲むようにしましょう。

シアリスは日本で研究されて誕生したED治療薬で、2007年から販売されています。オレンジ色で楕円の形をしており、5 mg、10 mg、20 mgの3種類があります。
食事をしても問題ないとされていますが、800kカロリー以上の栄養を摂ってしまうと、効き目が弱くなるとのデータもありますので注意してください。成分の量によって違いますが、20~36時間に渡って効果が認められています。また、薬が効き始めるまでに時間がかかるため、性行為の3~4時間前に服用するようにしましょう。比較的ゆっくりと効き始め、最長で36時間効果が続くため、バイアグラ以上の持続時間があるとされています。勃起時に不自然な硬さにならないのが特徴で、自然勃起に近い状態になることもあり喜ばれているようです。

シアリスの副作用ですが、こちらも体が熱くなったり、目が充血したりなどといった症状が現れます。また、蕁麻疹や顔面浮腫といった症状が出る人もいるとのことですが、他の治療薬と比べてマイルドだと言われています。個人差はありますが、それほど気にかける症状ではないため、効果が現れた証拠と考えるとよいでしょう。

シアリスもやはり、硝酸剤を服用している人には処方されません。他にもβ遮断薬の一部、緑内障の治療薬の一部を服用中の方には処方できない場合がありますので、医師と相談してください。また、不整脈がある方、脳出血や心筋梗塞の既往歴のある方、持病をお持ちの方も医師との相談が必要になります。
シアリス錠は、性行為をしたい時間の3~4時間前に飲むようにしましょう。基本的には水や清涼飲料水、お茶と一緒に服用し、アルコールで飲んでも問題はありません。食事の影響は受けないと言われてはいますが、やはり空腹時に飲んだほうが即効性があると認められています。最後に、次の服用までは24時間以上経過してから飲むようにしてください。

レビトラやシアリスを手に入れる方法

シアリス20mg

バイアグラ、レビトラ、シアリスは、EDクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、ネットで個人輸入品を購入することもできます。しかし、ネットで販売されているED治療薬には、高い確率で偽物が交じっており、服用しても効果が現れないことが多々あります。また、粗悪な材料が使われており、健康被害に繋がるリスクも孕んでいます。実際に命の危険に繋がるような副作用にみまわれた人もおり、ネットでの販売は非常に危険であることを知っておきましょう。万が一、ネットで購入した治療薬を服用後に異変を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどを入手したいのであれば、EDクリニックを利用するのが安心です。大阪にもたくさんのEDクリニックが点在しており、予約不要、駅チカなど、利便性が高いのが特徴。大阪のクリニックでは、バイアグラ25 mg1,100~2,600円、レビトラ20 mg1,300~3,500円、シアリス20 mg1,400~2500円が相場になっています。クリニックでは最短10分以内で処方してもらうことができますし、医師による指導を受けることができますので、安心して利用することができます。

クリニックでの診療

クリニックでの診療は、受付で問診票をもらい、それに記入。待合室で待機して、呼ばれたら医師による問診や検査を受け、最後に受付でバイアグラ・レビトラ・シアリスを処方してもらえば完了です。予約不要が多く、気が向いたときに訪れて、短時間で治療薬を入手することができます。また、呼び出しは匿名や番号で行うため、プライバシーを守って利用することができるでしょう。以下にクリニックで診療を受けた方の体験談をご紹介します。

H.Sさん:55歳

profile

1年ほど前からまったく勃起しなくなってしまい。大阪でEDクリニックを探していました。家の最寄り駅にクリニックがあって、予約不要ということで行ってみると、受付から処方まで10分程度で手早くレビトラを処方してもらうことができました。ED治療薬は初めてだったのですが、2年ぶりに勃起して自分でもびっくりしましたね。

A.Yさん:42歳

profile

勃起が持続せず、満足できない日が続いていて、妻にクリニックに行ってみたら?と言われて、大阪でクリニックを探してみました。調べてみると、大阪にもかなりの数があって、会社と家の中間の駅にもクリニックがあったので、入ってみたんです。当日でも対応可能ということで、簡単に診療を受けてシアリスをゲット。効果がすぐに現れて、妻も自分も大満足です。

Y.Tさん:52歳

profile

「勃起までに時間がかかり、妻が待ちきれずに寝てしまう」ということが続いていて、なんとか改善せねばと思って大阪のEDクリニックに行ってみました。スタッフは全員男性ですし、匿名性を守れるので、安心して利用できます。診療時間も短いので、仕事終わりに今日はちょっと頑張りたいなと思ったら、大阪のクリニックに寄って、シリアスを入手してから帰宅

クリニック価格表

医院名 初診料 再診料 バイアグラ
25mg
バイアグラ
50mg
レビトラ
10mg
レビトラ
20mg
シアリス
10mg
シアリス
20mg
イースト駅前クリニック大阪院 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,700 ¥2,000
大阪梅田紳士クリニック 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,700 ¥2,000
心斎橋中央クリニック 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,100 ¥1,800 ¥2,100
新大阪東口クリニック 無料 無料 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,700 ¥2,000
大阪スキンクリニック 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,200 ¥1,800 ¥2,400

大阪市とは

大阪市は、関西や近畿エリアの中心となる都市で、人口は2,702,501人です(2016年6月現在)。江戸の町に端を発する東京よりも歴史は古く、都市として栄えてきた歴史は、飛鳥時代(西暦592年から710年)にまで遡ります。飛鳥時代には難波宮(なにわのみや)という日本の首都がありました。このような古い歴史を持つ大阪は江戸時代から庶民の町といわれ、江戸の武士の影響が濃い風土とはまた異なる町民文化が育まれてきました。その中には、人形浄瑠璃や上方落語などがあります

庶民の町として、また商人の町として栄えてきた大阪は、数多くの商いを基本にした商社や百貨店などが誕生し、現在でも卸売業などを中心とした商業活動が盛んです。松屋町(玩具)、道修町(薬種)、本町(繊維)などの問屋街をはじめ、中之島や北浜界隈には活気のある金融街が形成されています。また、魅力的な街としてしばしば海外のマスコミなどでも取り上げられ、海外からの観光客も激増している都市の1つです。その魅力は、庶民感覚を大切にした活気のある商店街や、市街地に張り巡らされた運河などに要因があると考えられています。道頓堀のグリコの看板周辺は、世界中から訪れた観光客で毎日にぎわっています。

大阪市のED治療事情

大阪市には、130件にのぼるレビトラやシアリスといったED治療薬を処方するクリニック、医療施設があります。特に多い地域は大阪市北区で、区内に25ヵ所のED治療薬を処方する医療施設があります。次いで多い地域が、大阪市中央区の23ヵ所です。大阪市北区や中央区は関西を代表する経済や文化の中心で、キタやミナミといった歓楽街をはじめ、堂島には江戸時代の「堂島米会所(どうじまこめかいしょ)」と呼ばれる世界発の先物取引所を前身にした大阪堂島商品取引所をはじめ、活気のある金融街があります。

これらの活気と比例するようにして、現在ではストレスの多い都市としての側面も見られます。EDの原因の過半数をストレスが占めていることから、大阪市北区や中央区にEDを治療するクリニックや医院などが多数集まっているのではないかと予想されます。しかし、EDであっても病気でないと思っている人や、治療になかなか踏み切れない人が大阪をはじめ日本にはまだまだ多いです。EDは病気なのだから治療したら治るのだという意識を広めることや、EDの治療は恥ずかしいことではないといった、正しい認識を広めることが必要です。また、気軽に相談できたり、素早くレビトラやシアリスといったED治療薬を処方してくれるクリニックの創設が重要です。

大阪のクリニックランキング

1位イースト駅前クリニック大阪院

住所 〒530-0057
大阪市北区曽根崎2-15-24
曽根崎東ビル4F
最寄り駅 最寄り駅1:谷町線東梅田駅
最寄り駅2:JR各線 JR大阪駅
最寄り駅3:地下鉄御堂筋線 梅田駅
電話番号 06-6311-0181
イースト駅前クリニック大阪院は、ED・AGA治療の専門医院です。最寄駅は、地下鉄谷町線の「東梅田駅」で徒歩1分、地下鉄御堂筋線の「梅田駅」からは徒歩7分、「JR大阪駅」からも徒歩7分という好立地にあります。ホームページには目印になる場所からの行き方が画像付きで丁寧に案内されており、初めてでも迷うことはありません。
診療時間は、平日の11:00~14:30/15:30~20:00、土日祝は10:00~18:00で休診日はありません。予約不要で、大阪の中心地から非常に近いところにあるため、空いた時間や買い物のついでに立ち寄ることができる安心のクリニックです。
ED治療は、この数年で一般的になり、ジェネリックなど手の届きやすい価格帯の薬剤の登場や、種類が増えたことにより症状に合わせて選べるようになってきました。ホームページには、来院者のデータやアンケート結果、体験談などの掲載がありますから、治療を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

2位大阪梅田紳士クリニック

住所 〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-1-18
西阪急ビルB1F
最寄り駅 最寄り駅1:JR大阪駅
最寄り駅2:地下鉄梅田駅
最寄り駅3:阪急梅田駅

電話番号 06-6373-0404
大阪梅田紳士クリニックは、男性スタッフのみによる男性専門のクリニックです。JR大阪駅、阪急梅田駅から徒歩2分というアクセスの良さが良いですね。診療科目はED・AGA(月~日)、男性内科(木・金)、男性泌尿器科(月・水)というように、曜日によって分かれています。診療時間は、月~金曜/13:30~20:00、土・日曜/13:30~18:00、祝日は休診です。
「男性内科」では、ED治療から生活習慣病・男性ホルモンの低下まで、トータルでケアしていく「男性のための総合診療」を行っています。診療にあたっては、経験豊富な糖尿病専門医が診察しますので、複合的な症状がある場合でも安心して相談可能です。EDの症状だけであれば、問診票の記入、診察、薬の処方までが最短10分。治療薬は1錠から処方できます。
大阪梅田紳士クリニックでは、ED診療の一環として、血管年齢とストレス度の評価、男性ホルモンの測定が可能です。気になる方は、一度相談してみると良いでしょう。

3位心斎橋中央クリニック

住所 〒542-0081
大阪市中央区南船場3-12-21
心斎橋プラザビル新館9F
最寄り駅 最寄り駅1:地下鉄心斎橋駅
最寄り駅2:御堂筋線 新大阪駅
最寄り駅3:御堂筋線 梅田駅
電話番号 06-6253-1111
心斎橋中央クリニックは、ED・AGAだけでなく男性特有の性器の悩みにもしっかりと向き合ってくれる信頼のクリニックです。地下鉄心斎橋駅の北側改札に直結した心斎橋プラザビルの新館9階という好立地、雨でも濡れずに来院できます。
診療時間は10:00~19:00、電話受付はその30分前から始まります。完全休診になるのは月に2回の日曜日と年末年始ですが、それ以外でも診察や手術の予約で埋まってしまった日は受診できません。ホームページには診療可能日がひと目で分かるよう色分けされたカレンダーが掲載されていますので、来院前に必ず確認しましょう。
脳外科医から美容外科医に転身した院長は、正しい情報の提供をモットーに、男性のアンチエイジングにも力を入れています。プライバシー尊重の観点から、診療は完全予約制です。ただしEDに関しては、来院者の利便性を考慮したWEB問診システムを利用すれば、予約なしで処方薬を受け取ることも可能です。

4位新大阪東口クリニック

住所 〒533-0031
大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目1番35号 幹線東ビル5F
最寄り駅 最寄り駅1:御堂筋線 新大阪駅
最寄り駅2:JR 新大阪駅
最寄り駅3:
電話番号 06-4862-6150
新大阪東口クリニックは、JR新大阪駅東口より徒歩1分、EDとAGAに特化した男性専門のクリニックです。診療時間は火~金曜/15:00~20:00、土曜/14:00~19:00で、受付は終了時間の10分前までとなっています。日・月曜と祝日および年末年始は休診です。
院内では男性の医師とスタッフが対応し、適切に診療した上で会計・処方までをスピーディーに行います。病気や薬剤に対する知識も豊富で、来院者の悩みにも真摯に向き合い、症状に合った処方をしてくれるクリニックです。もちろん、取り扱っている治療薬は国内薬品メーカーの純正規品であり、1錠から処方可能です。
新大阪東口クリニックは、予約不要でアクセス抜群、遠方から新幹線で来院する方にも通いやすいと評判です。気になる症状のある方は、事前にホームページのQ&Aを参照すると良いでしょう。治療薬についても詳しい説明を掲載しています。安心して治療を受けることができますよ。

5位大阪スキンクリニック

住所 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-5
桜橋ホワイトビル4F
最寄り駅 最寄り駅1:地下鉄四ツ橋線 西梅田駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 06-6455-0011
大阪スキンクリニックは、EDの専門クリニックです。大阪市営地下鉄西梅田駅から徒歩5分、JR大阪駅や地下鉄梅田駅からも徒歩圏内という立地から、多くの患者が訪れています。診療時間は月~土曜/10:00~19:00、日曜/10:30~18:00です。完全予約制ですが、当日の予約も受け付けており、すぐ治療に向かうことができます。
診察は5分程度の簡単な問診だけのため、服を脱ぐ必要はありません。ホームページからダウンローできる問診票と承諾書を記入して持参するとスムーズに進みます。ホームページでは処方薬の特徴を一覧表にしており、作用時間や食事の影響などを前もって確認することができます。
また、24時間無料相談ができるメールカウンセリングも好評です。専門のカウンセラーがメールで回答してくれるため、電話で話すことに抵抗がある方におすすめです。もちろんプライバシー厳守ですから、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。