東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

ベッドで悩む男性
男性の4人に1人が悩むといわれているED。どのような症状がEDと呼ばれているのか知っていますか?
なんだか最近元気がないな……と感じていても、EDの具体的な症状がわからないと、見てみぬフリをしてしまいがちです。まずは、EDの具体的な症状について知って、自分の症状と照らし合わせてみましょう。

EDクリニックでは、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの、ED治療薬による治療をはじめることができます。
自分に合う治療薬があるのか知りたい方は、WEBから診察予約がとれるイースト駅前クリニック横浜院がおすすめです。しかも、初診の方であれば割引特典が適用されます。
ED治療は保険適用外の診療なので、少しでも出費を抑えたい方は見逃せないお得なシステムです。

こちらから予約すると5000円以上の処方で500円の割引キャンペーン中
↑クリック

横浜のクリニックランキング

1位イースト駅前クリニック横浜院

住所 〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸1丁目13-10
第2ニューヨコハマビル3F
最寄り駅 最寄り駅1:JR 横浜駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 045-320-1181
イースト駅前クリニック横浜院は、2016年4月に横浜駅から徒歩1分の場所にできた、ED治療・AGA治療のクリニックです。横浜院は全国の主要都市で展開しているイースト駅前クリニックグループの1つで、高い実績を誇っています。
平日の診療時間は10:00~20:00まで、そのうち14:30~15:30が休憩時間となっており、土・日・祝日は10:00~18:00までやっています(最終受付は終了時間の5分前)。休診日はなく、予約も必要ありません。休診日と休憩時間に気をつければ、好きな時間に受診することができます。
イースト駅前クリニック
横浜院は、初診・再診に関わらず、診察料は無料です。初診の方でも10分弱で診察を終えることができスムーズな診察を心掛けているため、忙しい方にもおすすめできるクリニックです。薬に関しても、国内の正規医薬品だけを扱っているので、安心して利用できます。何か不安なことがあれば、男性スタッフに気軽に相談してみてください。

2位浜松町第一クリニック横浜院

住所 〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-19-4
神谷ビル4階
最寄り駅 最寄り駅1:JR 横浜駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 045-410-1231
浜松町第一クリニック横浜院は、横浜駅きた西口から徒歩3分に位置する、ED治療専門のクリニックです。浜松町第一クリニックグループの1つとして2009年に開院し、全院を通して18万人以上の治療をするという、高い実績を誇っています。
診療時間は、平日は10:00~20:00、土曜日は10:00~18:00、日曜日と祝日は10:00~16:00までです。浜松町第一クリニック横浜院は、予約が不要なため、思い立った日に気軽に行くことができます。
待合室には、おしぼりが置いてあったり、ウォーターサーバーやジュースが併設されていたりとさまざまなサービスが用意されています。落ち着いた待合室に、緊張もほぐれるでしょう。長時間待つことがないように、院内で治療薬が処方されます。スタッフは男性だけなので、女性に接することもありません。男性ならではの治療は女性には相談しにくい面がありますが、浜松町第一クリニック横浜院では男性スタッフに気軽に相談することができます。

3位横浜中央クリニック

住所 〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F
最寄り駅 最寄り駅1:JR 横浜駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 0120-324-871
横浜中央クリニックは、横浜駅西口から徒歩4分の場所に位置し、ED治療を中心に、男性のさまざまな悩みに応じた治療を行っているクリニックです。年中無休で、平日休日を問わず、9:30~20:00まで診療しているので、休憩時間や仕事帰りなどに立ち寄ることができます。
横浜中央クリニックは、患者とのコミュニケーションを大切にしているため、個室での個別相談を行っています。一人一人に合った治療法を丁寧にカウンセリングしてくれるので、「治療はしたいけれど、不安で踏み出せない」という方にぴったりなクリニックです。
また、横浜中央クリニックは院長責任制をとっています。相談から治療まで、院長が必ず担当をしてくれるため、安心して診察を受けることができます。診察やカウンセリングは無料で行っていますが、プライバシーを保護するため、完全予約制です。受診する際は、予め電話で予約をした上で来院してください。

4位関内マリンクリニック

住所 〒231-0017
横浜市中区港町2-9-4
関内幸和ビル9F
最寄り駅 最寄り駅1:JR 関内駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 045-222-6162
関内マリンクリニックは、関内駅北口を出てすぐの場所に位置する、男性専用のクリニックです。ED治療と薄毛治療をあわせて2,000例を記録しており、今も着実に実績を伸ばしています。
診療時間は、月・水・金は11:30~13:30、16:00~20:00まで、火曜日は16:00~20:00、土曜日と第2・4日曜日は11:30~16:00です。休診日は、木曜日と第2・第4以外の日曜日となっています。
受付はすべて匿名になっているため、周りの目が気になる方でも心配ありません。予約や保険証は必要なく、近くに用事があった際に気軽に立ち寄ることができます。初診や再診問わず、診察料はかかりませんが、相談のみの場合は、初診料がかかってしまうので注意してください。関内マリンクリニックは、忙しい方のために、ホームページで薬の処方予約を行っています。処方予約をすることで薬をすぐに受け取ることができるため、忙しい方はこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

5位横浜ベイサイドクリニック

住所 〒 231-0014
神奈川県横浜市中区常盤町3丁目36番地
関内SSビル6F
最寄り駅 最寄り駅1:JR 関内駅
最寄り駅2:
最寄り駅3:
電話番号 0120-617-615
横浜ベイサイドクリニックは、関内駅東口から徒歩5分の場所にある、ED専門外来です。ED専門医師による診察・相談を行い、個々のライフスタイルに合った治療法を選択するなど、安心して来院してもらえるような配慮がされています。スタッフは全員男性であるのはもちろんのこと、待合室も個室になっており、プライバシー保護に関して細かな配慮がされているため、診察は不安な方も一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
診療時間は、平日は10:00~20:00まで、土曜日は10:00~18:00までやっており、日曜日は休診日です。診察は完全予約制のため、予め電話で予約を行いましょう。
横浜ベイサイドクリニックでは、薬療法だけでなく、ICI療法といった局部に海綿体を注入する治療も行っています。従来の経口薬とは違い、副作用の心配も少ない治療法です。他の病気を患っている方でも安心して治療を受けることができるため、こちらもあわせて利用してみてください。

この3つに当てはまる人がクリニックへ!EDの症状

男性機能の低下

EDの症状としては、「性的な刺激を受けても勃起しない」「勃起しても維持できない」「挿入可能な硬さまで勃起するのに時間がかかる」の3つが代表的です。この3つに当てはまる経験のある方は、EDを発症している可能性があります。ED治療専門のクリニックに一度相談してみましょう。予約不要、駅チカなど、利便性を重視しているクリニックが多く、相談だけでも簡単に訪れることができます。

人気の薬

シアリスと箱

EDは、クリニックで治療薬を処方してもらい、服薬によって治療するのが一般的です。ED治療薬には幾つかの種類があり、その中で最も一般に流通しているのがバイアグラです。
もともとは狭心症を治すための薬として開発されていたバイアグラですが、臨床試験の結果、本来は副作用であった勃起を促す効果が注目され、ED治療薬として使用されるようになりました。バイアグラに含まれる主な成分である、シルデナフィルの研究をしていたイギリスの研究機関「ファイザーサンドウィッチ研究開発」が、もうひとつの隠された効能を見出したのです。アメリカで製品化されたバイアグラはその後急速に普及し、1996年にFDAによって認可されました。
バイアグラは、勃起を助ける薬として知られています。男性が性的興奮を覚えると、陰茎部分の神経細胞によって一酸化炭素がつくり出されます。一酸化炭素はさらにcGMPとよばれる物質を産生し、このcGMPが陰茎の平滑筋をゆるめることで血流量を増大させ、勃起を促します。バイアグラはEDの男性のcGMPを補うことで平滑筋の弛緩作用を助け、陰茎に血液が流れ込みやすくなります。一度の使用につき効果は4~5時間ほどつづき、射精による快感も損なわれないので快適な性生活を楽しむことができるのです。
バイアグラには血管拡張作用があり、それによってさまざまな副作用が引き起こされる可能性があります。副作用の中でも特に発症頻度が高いのは頭痛、ほてり、動悸です。いずれも全身の血流が急激に増えることによって起こる症状で、30分ほど安静にしていればたいていは治まります。
この他にもまれに、めまいや血圧の変動、視覚異常が起こる場合がありますが、こちらも一時的なものなので心配はありません。なお、バイアグラは非常に強い薬なので短い期間にたくさんの量を飲むのは避けるべきだとされています。
重い心臓病などで性行為そのものが危険だと医師によって判断される場合、バイアグラは処方されません。性行為は急激な血圧の上昇をもたらし、心臓に多大な負担がかかります。また、バイアグラとニトログリセリンを一緒に服用することは危険です。高血圧の治療薬であるニトログリセリンをバイアグラとともに飲むと血圧の急降下を招き、最悪の場合死に至る危険性があります。バイアグラを服用後、24時間はニトログリセリンを飲まないようにし、万一心臓発作が起きた場合はただちに救急車を呼びましょう。
バイアグラが効果を発揮する量には個人差がありますが、成人であればだいたい1回あたり25㎎~50㎎が目安とされています。なお、高齢の方や腎臓の機能が低下している方については、25㎎が開始用量となります。
最大の効果を発揮するためには、性行為の1時間前に服用しましょう。そうすることで薬の成分がより働きやすくなり、性行為を楽しむことができるのです。バイアグラは非常に効き目の強い薬のため、服用は1日1回にとどめてください。
レビトラは、ドイツのバイエル社によって開発されたED治療薬です。オレンジ色の丸い形が特徴で、中身は白い錠剤になっています。日本では2001年に厚労省に許可が申請され、2004年に正式な使用が認められました。もっとも用量の多い20㎎が認可されたのは2007年のことです。ただし保険適用外の薬のため、購入する際には全額自費となります。
レビトラは従来のものと違い水に溶けやすく、薬効成分がいち早く体にまわりやすいことが特徴です。よく誤解されていることですが、レビトラはバイアグラのように直接的に勃起を促す薬ではありません。勃起は通常、cGMPとよばれる物質が大量に放出され、血管を拡張させることで起こります。そして、射精などで性的興奮がおさまると今度はPDE5という酵素がCGMPを壊し、それによって血管が収縮して勃起がおさまります。レビトラはこのPDE5を働きにくい状態にすることで勃起を長く保つ効果があります。
レビトラもバイアグラと同じく、顔のほてり、目の充血、頭痛などの症状が副作用として現れます。これらはレビトラを服用すれば誰にでも見られる症状ですので、それほど心配はいりません。人によっては光に対して過敏になる、背中が鈍く痛むなどの症状が出る場合がありますが、いずれも一時的なものですので御安心ください。万が一これらの症状が服用から6時間経っても治まらない場合はただちに病院に行き、診断を受けましょう。
また、すでに硝酸剤を常用している男性には過度な血圧降下が起こる危険性があるため、レビトラは処方されません。過去にレビトラを服用しアレルギーを発症した人も同様です。他にも高血圧や低血圧を患っている人、半年以内に脳梗塞または脳溢血を起こした人、腎機能が著しく低下している人もレビトラの服用は避けてください。遺伝子レベルでの禁忌事項としては、網膜色素変性症の人は薬によりPDE6の働きを阻害する可能性があるため、レビトラの服用はできません。
また、未成年者への処方も充分な臨床データが確立されていないため、現時点では認められていません。
レビトラもバイアグラと同様、性行為の1時間前に飲むのが原則です。即効性があるので服用から40分後には効果が現れはじめ、1時間後には血中濃度がピークに達します。効果を最大にするためには食前の服用が最適です。食後の服用でも効果は期待できますが、脂質を大量に摂取した後だと薬の効き目が薄れる可能性があります。飲酒後の服用はお酒が適量なら問題ありませんが、泥酔するほど多量に飲んでしまうと薬効が完全に失われてしまうので注意が必要です。
国内でもっとも新しいED治療薬がシアリスです。日本のイーライリリー株式会社によって開発されたシアリスは、2007年5月に5㎎、10㎎、20㎎の3種類の規格で厚労省の承認を受けています。ちなみに、規格として表示されるグラム数は、薬全体に占める有効成分の含有量です。
最高血中濃度への到達時間の長さがシアリス最大の特徴で、性行為を考える場合はバイアグラやレビトラよりも早めに服用する必要があります。
シアリスの大きなメリットは、効果がつづく時間の長さです。バイアグラやレビトラの場合、効果が持続するのは4~6時間ですが、シアリスなら最長で服用から36時間後まで勃起を維持することができます。食事による影響を受けにくいため、タイミングを気にせず、時間に追われて性行為をする必要もありません。
ただし、シアリスはレビトラと同じメカニズムで効果を発揮するため、バイアグラのように勃起そのものを促す薬ではありません。あくまでもいったん勃起した状態を長く保つための薬ですので、そのあたりを理解したうえで服用してください。
シアリスの副作用は、国内での治験データにおいて、頭痛、潮紅、顔のほてりなどが報告されています。また、海外の臨床試験によると、消化不良、筋肉や背中の痛みなどがおもな副作用として記録されています。これらの症状はほとんどの場合数時間~数週間の短期間でおさまりますが、ごくまれに重篤な疾患を招く危険性もあります。とくに服用前から心疾患を抱えている人では副作用が重くなる傾向にあり、医師との時間をかけた相談が必要です。
シアリスはレビトラなどと同様の作用機序をもつため、禁忌事項はレビトラと重なり合う部分が非常に大きいと言えます。ED治療薬は大変に強い薬なので身体への負担も大きく、肝機能に異常のある人が服用すると予測のつかない事態につながる危険性があります。未成年者の服用も安全性の観点から認められていません。服用の可否や服用量の目安は医師が心疾患などのリスクに応じて決めますので、受診時に病気の既往歴について正確に伝えるようにしましょう。
シアリスは性行為の3~4時間前に服用するのがベストです。食事の影響を受けにくい薬ではありますが、最適なタイミングは食前だと考えられます。やむを得ず食後に服用する場合は、脂質の多い食事を避け、カロリーの低いあっさりしたメニューを選びましょう。身体への影響を考え、服用は1日1回にとどめ、次の服用までは24時間以上経過してから行うようにしてください。

偽の薬に注意

バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬は、ネットでも販売されています。しかし、ネットでの購入はさまざまな危険性があるため、あまりおすすめできません。
例えば、ネットで販売されているバイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬には偽物が紛れており、服用しても、満足な効果が得られない場合があります。また、効果が出ないだけならまだしも、粗悪品や偽物の中には有害なものもあり、健康を著しく害する可能性があります。ED治療薬は、用法・用量を守って利用しないと、健康被害に繋がる可能性もあるため、医師の指導を受けずに利用するのは危険なのです。用法・用量を守らずに利用したことが原因で、命を落としてしまったケースも報告されています。バイアグラ・レビトラ・シアリスなどを安心して服用するには、ネットや個人輸入品には手を出さず、必ずクリニックで処方してもらいましょう。

クリニックでの診療

EDクリニックでの診療の流れについてご紹介します。まずクリニックに訪れ、受付を済ませます。受付で問診表を渡されますので、希望の検査や処方に印をつけて番号が呼ばれるまで待機しましょう。自分の番がきたら、医師による問診及び検査を受けます。問診と検査が終われば、院内にて治療薬を処方してもらって完了。問診のみで検査のないクリニックであれば、受付から処方まで10分以内で済む場合もあります。診療に関して、わからないことや不安があれば、メールなどで気軽に相談することも可能。

横浜でクリニックを選ぶときのポイント

EDは、男性の4人に1人が発症しているといわれている病気です。そのため、全国にたくさんのEDクリニックがあり、EDに悩む多くの男性がクリニックに通っています。特に、人口の多い都市部にはクリニックが集中しており、横浜も例外ではありません。横浜のようにたくさんのEDクリニックがあるエリアでは、どのクリニックで診療を受ければいいのかわからないという方も多いはずです。横浜でEDクリニックを探す場合は、費用・実績・プライバシーの保護・口コミの4点に注意することで、自分に合ったクリニックを選ぶことができます。横浜でなんだか最近元気がないな……とお悩みの方は最寄りのEDクリニックに一度相談してみてはいかがでしょうか?

クリニック価格表

医院名 初診料 再診料 バイアグラ
25mg
バイアグラ
50mg
レビトラ
10mg
レビトラ
20mg
シアリス
10mg
シアリス
20mg
イースト駅前クリニック横浜院 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,800 ¥1,700 ¥1,800
浜松町第一クリニック横浜院 無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,800 ¥1,700 ¥1,800
横浜中央クリニック 無料 無料 ¥1,400 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,800 ¥2,000
関内マリンクリニック 無料 無料 ¥1,500 ¥1,600 ¥1,700 ¥2,100
横浜ベイサイドクリニック ¥2,100 不明 ¥1,575 ¥1,575 ¥2,100 ¥1,890 ¥2,100

横浜市とは

横浜市は、東京の都心から南西へ30kmほど南にある国際港湾都市です。港の周辺は起伏に富んだ丘陵地帯が広がっており、坂の多い美しい地形の港町として観光スポットが豊富に点在しています。港の周辺には山下公園や海の見える丘公園、横浜赤レンガ倉庫、横浜みなとみらい、などがあり、国内だけでなく世界中から多くの観光客を集めています。また、日本の三大中華街(長崎新地中華街、神戸南京町、横浜中華街)である横浜中華街などもあり、国際色豊かな風情が横浜の大きな魅力です。
横浜は港町というイメージが強いですが、意外にも内陸部の面積が広く、鉄道沿線の駅周辺には新しく開発された街がたくさん散在しています。特に小田急田園都市線の沿線には、青葉台やたまプラーザなどのような小田急沿線の駅を中心にして形成された新興都市が点在しており、緑濃い丘陵地にある個性豊かな街が独自の文化を育んでいます。また、これらの内陸部に新しく誕生した街には小田急線を使って通勤や通学などで都心部へ通う住人が多数居住していることもあり、東京とのつながりが深く、駅前の商業ビルには東京特別区の23区から進出してきたショップやレストラン、カフェなどが多数テナントとして入っています。

横浜市のレビトラ・シアリスなどED治療薬事情

横浜市内には、レビトラ・シアリスなどED治療薬を処方するクリニックや薬局が90件近く存在しています。1番多い地区は、横浜市中区の15件となっています。次いで鶴見区、西区、青葉区などもレビトラ・シアリスを処方してくれるクリニックが多いです。また、内陸部を走る小田急田園都市線の沿線である青葉区にもED治療薬を処方するクリニックがかなり充実しています。その要因として、都心部に通勤するサラリーマンが多く居住していることなどが予想されます。ED(勃起不全症候群)の最も多い発症原因はストレスだといわれています。他には運動不足や異性との経験不足などです。離婚原因にもなっている深刻な病気であるED(勃起不全症候群)ですが、適切な診断とレビトラやシアリスなどのED治療薬を処方することで、ほとんどが完治する病気でもあります。そのため、適切な診断を受けて適切なED治療薬の処方が受けられる環境が最も大切です。しかしながら、環境が整っていたとしても利用する患者さんの意識が旧態依然のままでは、治療の状況は改善されません。EDは恥ずかしい病気ではないということや、診断を受けてレビトラ・シアリスなどED治療薬を処方してもらうことで完治できる病気なのだという意識改革が必要です。