東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

勃起不全(ED)の原因は大きく分けて4つ!年代別で異なる発症の傾向

勃起不全になると性交における生活の質が低下します。

この症状は加齢が原因だと思われがちですが、発症原因は精神的な負担や病気や神経組織の障害、外科的治療なども関係しています。

なぜ勃起不全にかかってしまったのか、それを明らかにするために4つの原因と、年代別の発症の傾向をご紹介します。

勃起不全(ED)の原因は大きく分けて4つ

勃起不全になる原因には心因性、混合性、器質性、薬物性の4つが挙げられます。これらがなぜ勃起不全につながってしまうのか、その理由をご説明します。

心因性(機能性)

心因性の勃起不全は気持ちの問題によって引き起こされるので、どの年代の方でも発症する可能性があります。

主に、極度の不安や緊張、ストレス、学校や職場での人間関係などによる心理的な問題、うつ病といった精神的な問題によって発症します。

器質性

器質性の勃起不全は、体の神経に異常が生じることで発症します。

正常な勃起をするためには神経のはたらきが重要です。大脳が性的な興奮を受け取ると、脊髄内の神経を通じて陰茎に勃起するよう命令を出します。その神経が事故によるケガや手術、外傷など損傷すると、脳からの指令が途絶えてしまうため、勃起しにくくなります。

出典:NPO法人日本せきずい基金 「性機能障害

ほかにも、尿病や高血圧、脂質異常症といった血流の循環や神経の障害を起こす生活習慣病、前立腺肥大や前立腺炎、精巣静脈瘤なども器質性に該当します。

混合性

混合性の勃起不全は心因性と器質性が同時に起こっている状態です。
勃起不全の原因が複雑に絡み合っているため、一つひとつ原因を突き止めて、治療するひつようがあります。

薬剤性

薬剤性は薬の副作用が原因で起こる勃起不全です。勃起不全の原因となりうる薬剤は以下の通りです。

勃起不全(ED)の原因になりうる薬剤一覧

  • 降圧剤

    降圧剤が勃起不全を引き起こすメカニズムは詳しく解明されていませんが、要因として降圧剤による血圧の低下が陰茎への血流を低下させると考えられています。

  • 抗うつ薬

    抗うつ薬は体の神経のセロトニン濃度を高める作用をもたらします。ですが、セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリン系の神経のはたらきを抑えます。これらの物質は勃起に関係しているので、はたらきが抑制されることで勃起しずらくなります。

  • 抗精神病薬

    抗精神病薬の副作用には、性欲低下、勃起障害、性機能低下などがあります。

  • 5αリダクターゼ(還元酵素)阻害薬

    前立腺を肥大化させるジヒドロテストステロン(DHT)を作る酵素・5αリダクターゼのはたらきが阻害されると、副作用として勃起不全や性欲減退、射精障害を引き起こす場合があります。

出典:日本性機能学会 | Guide Line 3rd  「ED診療ガイドライン[第3版]

20代に多い勃起不全(ED)原因

プレッシャーやトラウマによる心因性勃起不全(ED)

20代の方が勃起不全にかかる原因に多いのがストレスなど精神的な負担による心因性勃起不全です。とくに性行為の経験が少ない人は、性行為に対してプレッシャーを感じやすく、いざ性行為をしようとしても勃起しないことがあります。

性交でパートナーから発せられた言葉がトラウマとなり、自分の性的な能力に自信が持てなくなった結果、勃起不全になることもあるのです。

なお、性行為を通して相手を妊娠させてしまう恐怖心も勃起不全の引き金になりえます。

人間関係のトラブル、生活習慣の乱れによる心因性勃起不全(ED)

そのほかには、学業や仕事の多忙さや人間関係でのトラブル、夜更かしや運動不足などの生活習慣の乱れ、自慰行為への罪悪感や失恋、不倫なども間接的に勃起不全を引き起こす原因となります。

心因性の勃起不全の治療法は以下の記事を参考にしてください。

2つある!心因性の勃起不全の種類と特徴、確実に治すための方法

30~40代に多い勃起不全(ED)原因

30~40代が勃起不全になる原因は混合性勃起不全が多いといえるでしょう。

プレッシャーが勃起不全(ED)の原因に

30~40代では社会的な責任が増える年代です。例えば、仕事で管理職につく、あるいは重要なプロジェクトの責任者を任されるといったことがプレッシャーとなり、ストレスが蓄積して勃起不全に陥ってしまうのです。

またプライベートでは子作りや子育てのプレッシャーによって、勃起不全や中折れの症状が出る場合もあります。パートナーの排卵日が近い、両親からの孫の期待などが精神的なプレッシャーとなり勃起不全を引き起こすケースが増えています。それが原因でセックスレスになり、夫婦の関係が冷めて、離婚に至る恐れもあります。

勃起不全(ED)がセックスレス、離婚へ!インポテンツがもたらす悲劇

体調も気になりだす

30代以降は体調の面でも不安が出てきます。

20代の頃とは異なり血管の弾力性が徐々に失われ、血行の悪化が起きやすくなります。血行不良に陥れば、陰茎を勃起させための血液が陰茎に届きにくくなり、性交が持続できなかったり中折れしたりすることがあります。

50~60代に多い勃起不全(ED)原因

50~60代の場合は加齢による体の衰えもありますが、器質性や混合性、薬剤性などさまざまな原因が挙げられます。

ホルモン低下が勃起不全(ED)に

50代以降になると、勃起に関係する男性ホルモン、テストステロンの分泌が低下して勃起力が衰えます。

テストステロンの生成は、20代をピークに徐々に低下し、50代を過ぎる頃には、20代の頃の半分にまで減少します。その影響で勃起不全やうつ、疲労などの症状が現れます。

体の健康問題も深刻化

糖尿病や脂質異常症、高血圧といった生活習慣病、メタボリックシンドローム、肥満などによって血管が硬く、脆くなることで陰茎への血流が滞ります。

すると、勃起力が衰えてしまい挿入時に中折れしたり性交中に陰茎が萎えてしまったりします。

病気によるストレスも無視できない

混合型の勃起不全にかかっている場合、治療によるストレスの蓄積も勃起不全を悪化させます。治療に対する不安がストレスとなって、陰茎への血流供給が滞らせ、満足に勃起できなくなります。

薬の飲む量が増えると勃起不全(ED)を引き起こす

50代にもなると、さまざまな病気を抱えてたくさんの種類の薬を飲む人もいるでしょう。この場合、薬剤性の勃起不全にかかるリスクが高くなります。

また、手術による神経の損傷が原因で勃起しにくくなることもあります。とくに結腸、直腸がん、前立腺がん、膀胱がんなど陰茎が近い手術によって神経が傷つくと、勃起不全になってしまいます。

出典:IRUCAA@TDC 「中高年の性を考えるーいつまでも逞しい男性でいられるために:併せて教員生活を回顧し将来を展望する

勃起不全(ED)を放置するデメリットは多い

勃起不全にかかるとパートナーとの性交が上手くいかなくなり、セックスレス、離婚問題に至ることもありますし、大病を患っている危険性もあるので放置するにはデメリットが多いと言えます。そのため、勃起不全は早く改善するに越したことはありません。ただ、勃起不全の治療は年齢や周りの目が気になるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、イースト駅前クリニックのスマホ診断サービスです。このサービスはビデオ通話を使って、どこででも診察を受けられることが特徴です。忙しくて通院する余裕がない、あるいはクリニックまで遠くて来院できない、周りの目が気になって利用しにくいといった方に向いています。

また診断だけでなく薬の処方も受けられます。診断後に処方される薬は宅配便にて指定された場所に届けてくれるので、薬を受け取りにわざわざ通院する必要がありません。

勃起不全(ED)の改善は原因に合った治療を

勃起不全になる原因は心因性、混合性、器質性、薬剤性とさまざまで、年代別にその原因が異なります。

勃起不全は単純にパートナーとの関係が薄くなるばかりでなく、動脈硬化の前兆でもあります。放っておけば治る、あるいはもう年だからこれ以上は性交しないと油断してはいけません。

勃起不全を解消するためにも、早めに専門クリニックで治療を受けましょう。