東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

「ED治療薬のジェネリックは本当に効果があるの?」「ジェネリック医薬品は安全なの?」と思ったことありませんか。国内で承認されているバイアグラジェネリックは、先発医薬品のバイアグラよりと同等の有効性と安全性があるため、安心して服用できます。しかしインターネットで流通している海外製のジェネリック医薬品は非常に危険なので購入するべきではありません。
クリニックで処方を受けられるジェネリック医薬品と、個人輸入でしか購入できないジェネリック医薬品の価格、効果、安全性を比較しました。どちらを購入するべきなのか明らかにします。

ED治療薬のジェネリック医薬品の種類

クリニックで購入できるジェネリック医薬品

ED治療薬の先発医薬品にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。この中で特許が満了しており、ジェネリック医薬品の製造が認められているのはバイアグラのみです。そのためクリニックでジェネリック医薬品を購入するなら、バイアグラジェネリックしか選択できません。

国内製のバイアグラジェネリック

バイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルを有効成分としたED治療薬です。バイアグラの特許が2014年に満了してから、10社以上の製薬会社がバイアグラジェネリックを発売しています。国内で初めてバイアグラジェネリックとして認可を受けたのは、東和薬品株式会社が製造、販売しているトーワです。レモン風味とコーヒー風味という風味があり、水なしで飲めるOD錠というタイプで販売されています。
バイアグラジェネリックは種類によって、半分にしやすい割線が入っていたり、形が円形やひし形だったりなど様々な特徴があります。

国内で認可されたバイアグラジェネリック次のようなものがあります。

・トーワ
・キッセイ
・YD
・FCI
・DK
・あすか
・TCK
・テバ
・SN

個人輸入でのみ手に入るジェネリック医薬品

インターネット上ではバイアグラ以外にも、レビトラやシアリスなどのジェネリック医薬品が販売されています。レビトラやシアリスは特許が切れていないため、本来なら製造、販売することはできません。では、なぜ販売されているのかというと、特許に関する法律が特殊なインド製のED治療薬を利用しているからです。インドは2005年以前から製造、販売していた薬に関しては製薬会社にお金を支払えば合法的に販売が可能な仕組みになっています。そのため個人輸入代行業者はインド製のED治療薬をネット通販で販売できるのです。ただ、インド製のED治療薬は国内で承認されておらず、品質は保証されていません。
個人輸入で購入できるインド製のジェネリック医薬品をいくつかまとめました。

バイアグラジェネリック

・カマグラ
・カベルタ
・ビゴレ
・ゼネグラ
・ベガマックス

レビトラジェネリック

・バリフ
・ジェビトラ
・ビリトラ
・サビトラ
・シルビトラ

シアリスジェネリック

・タダシップ
・タダリス
・メガリス
・フォーゼスト
・タダリフト

ED治療薬の先発医薬品とジェネリック医薬品の価格比較

ED治療薬のジェネリック医薬品は先発医薬品と比べてどのくらい安いのか明らかにするために、様々な製薬会社のED治療薬を表にまとめました。

先発医薬品の価格相場

バイアグラ 25mg 約1,300円(税込)
50mg 約1,500円(税込)
レビトラ 10mg 約1,500円(税込)
20mg 約1,800円(税込)
シアリス 10mg 約1,500円(税込)
20mg 約1,800円(税込)

バイアグラジェネリック(国内製)の価格相場

トーワ 50mg 約1,000円(税込)
キッセイ 50mg 約900円(税込)
テバ 25mg 約550円(税込)
50mg 約900円(税込)

バイアグラジェネリック(インド製)の価格相場

カマグラ 50mg 約250円(税込)
100mg 約300円(税込)
カベルタ 50mg 約150円(税込)
100mg 約250円(税込)
ビリトラ 100mg 約300円(税込)

レビトラジェネリック(インド製)の価格相場

バリフ 20mg 約180円(税込)
ブリトラ 20mg 約210円(税込)
40mg 約270円(税込)
サビトラ 10mg 約260円(税込)
20mg 約280円(税込)

シアリスジェネリック(インド製)の価格相場

タダシップ 20mg 約290円(税込)
メガリス 20mg 約360円(税込)
タダリス 20mg 約300円(税込)

ジェネリック医薬品は安全なのか?

先発医薬品とジェネリック医薬品の価格を比較すると、個人輸入で購入できるインド製のジェネリック医薬品が非常に安いことがわかります。安さだけを重視すると個人輸入で購入できるインド製のジェネリック医薬品は優れていますが、安全性を考えると非常に危険で、購入するべきではありません。
個人輸入で購入できるジェネリック医薬品とクリニックで購入できるジェネリック医薬品は、効果や安全性にどのような違いがあるのか見てみましょう。

個人輸入で購入できるジェネリック医薬品は危険

個人輸入で購入できるジェネリック医薬品が危険な理由は、偽物の可能性が高いからです。国内の製薬会社が行なった調査では、国内のインターネットネットで流通しているED治療薬の約半分が偽物であることが判明しました。海外製のED治療薬を販売しているサイトでは、「正規品」「本物」などの言葉を使って販売していますが、中には偽物が含まれている可能性があり、非常に危険なのです。

偽物のED治療薬は世界中で製造されており、製造現場は非常に不衛生であることがわかっています。偽物のシアリスを製造しているとある工場では、覚せい剤も密造されており、シアリスに混入している可能性も考えられます。
このようなずさんな品質管理の中で製造されたED治療薬によって、重大な副作用を引き起こす事例も発生しています。海外では偽物のED治療薬を服用した患者が低血糖による昏睡状態に陥る事例が報告されています。また、国内でも偽物のED治療薬を服用した男性が意識障害を起こして病院に搬送されるという事例も報告されています。

このように個人輸入によって偽物のED治療薬を服用して、重大な健康被害を及ぼしている事例もあるので、ED治療薬の個人輸入は絶対にやめるべきなのです。

クリニックで購入できるジェネリック医薬品は安全

日本では先発医薬品と同等の有効性や安全性があることを国から認められた薬がジェネリック医薬品として販売されています。つまり、クリニックで処方されるバイアグラジェネリックは、バイアグラとほとんど同じ効果と安全性ということです。バイアグラジェネリックには、バイアグラと同じ有効成分を同じ量含有しているため、同等の効果が得られます。

先発医薬品とジェネリック医薬品には含まれる添加物が異なる場合がありますが、添加物が異なる場合でも有効性や安全性には違いは生じません。ジェネリック医薬品に含有する添加物は、身体に作用を及ぼすものや有効成分の効果を妨げたりするものを使用できない規定があるからです。なお、使用前例のある安全性が確認された添加物だけが使用されています。服用する体質によっては添加物が原因でアレルギーを引き起こす可能性も稀にありますが、これはジェネリック医薬品に限らず、先発医薬品でも起こりうることです。

このことからクリニックで購入できるジェネリック医薬品は安全と言えます。ただ、クリニックだから100%安全なわけではありません。中には個人輸入した海外製のED治療薬を処方しているところもあり、そのような薬は偽物の可能性があり、自分で個人輸入代行業者から購入するのと変わりはありません。ですから安全にジェネリック医薬品を購入するためにも、国内正規品を取り扱っているクリニックを利用しましょう。

クリニックで購入したほうが最も費用を抑えられる理由

個人輸入は副作用のリスクが高い

クリニックで購入できるジェネリック医薬品と個人輸入で購入できるジェネリック医薬品を比較すると、個人輸入のほうが価格は安いです。しかし副作用のリスクを考慮すると、一番費用を抑えられるのはクリニックです。

たとえば個人輸入したジェネリック医薬品を服用して健康被害が生じた場合、その治療にかかる費用は全額自己負担となります。場合によっては、高額な治療費がかかることもあります。

一方、クリニックで購入できるジェネリック医薬品は安全が保証されており、副作用のリスクは非常に低いため、高額な治療費がかかることもありません。また、入院するほどの健康被害が生じた場合でも、「医薬品副作用被害救済制度」という公的な制度により給付を受けられるため、経済的な負担は大きく減らせます。医薬品副作用被害救済制度は薬を適正に使用したにも関わらず、副作用により入院治療が必要になるほど健康被害が生じた場合に、医療費や年金などの給付を受けられる制度です。たとえば医療手当は月額約35,000円、障害年金は月額約200,000円の給付を受けられます。個人輸入代行業者から購入した薬は医薬品副作用被害救済制度の対象外となるため、健康被害が生じたとしてもこの制度により給付を受けることはできません。

国内正規品のED治療薬を取り扱っているおすすめのクリニック

クリニックでジェネリック医薬品を購入してもらうなら、国内正規品を取り扱っているクリニックを選ぶことが大切です。そこでおすすめなのが、イースト駅前クリニックです。イースト駅前クリニックは国内正規品を取り扱っており、ED治療薬の製薬会社から感謝状ももらっています。なお、10年間で70万人以上の人を治療している実績があるため高い信頼があります。
また、イースト駅前クリニックは初診費や再診費は無料で、治療に必要な費用は薬代だけです。そのため安い費用でED治療を続けられます。

安全で安いクリニックのバイアグラジェネリックを利用しよう

費用を抑えてED治療薬を購入したい人にはバイアグラのジェネリック医薬品がおすすめです。先発医薬品のバイアグラよりも低価格なだけではなく、同等の有効性と安全性が保証されているので安心して服用できます。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つのED治療薬の中で特許が切れているのはバイアグラのみです。そのため国内で承認されているジェネリック医薬品はバイアグラジェネリックしかありません。しかし個人輸入代行業者のサイトなどでは、レビトラやシアリスなどのジェネリック医薬品も販売されています。
個人輸入で購入できるジェネリック医薬品の中には偽物が出回っているため、絶対に購入するべきではありません。場合によっては、偽物の服用により命を落とす危険性もあります。そのようなリスクを考慮すると、やはりクリニックでジェネリック医薬品を処方してもらうべきです。バイアグラジェネリックならバイアグラよりも低価格で購入できるのでおすすめです。