東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

ファイザー社で開発されたバイアグラは、世界初のED治療薬として症状の改善に寄与してきました。ここではバイアグラの誕生の経緯、主要成分とメカニズム、効果と服用方法を紹介します。

世界初のED治療薬「バイアグラ」とは

バイアグラの歴史

バイアグラは、世界で初めて開発されたEDの治療薬です。しかし、実は最初からED治療のために開発されたわけではありません。もともとはアメリカの大手製薬会社・ファイザー社で、狭心症の治療薬として開発されていた薬です。試験の結果、狭心症の治療薬としては満足のいく成果が出せませんでしたが、勃起を助ける効果があることが判明し、ED治療薬として適応されることになりました。開発元のアメリカでは1998年に発売が開始され、それまで有効な治療法がなかったEDの新薬として、大きな話題を呼びました。その結果、日本で正式な認可が決定される前に、海外から個人輸入によって手に入れる人が現われ、飲み合わせが禁止されている薬と一緒に飲んでしまうという事故が起きています。そのため、日本では正式な認可を急ぎ、翌年の1999年に処方せん医薬品として認可され、病院・クリニックで処方してもらうことができるようになっています。こうして、医師の問診を受け問題がないことを確認してから服用できるようになったため、現在は安全にEDを治療することができるようになっています。

バイアグラの特徴と現在のED治療

バイアグラは錠剤タイプの薬で、25mgと50mgの2種類が販売されています。レビトラや、シアリスなどのED治療薬が発売されていますが、治療実績の多さと知名度の高さから、現在でも多くのED患者さんに愛用されており、ED治療薬の代表としての地位を確立しています。さらに発売から長い時間が過ぎ、2014年に新薬としての特許が切れているため、現在では多くのジェネリック医薬品も発売が開始されています。

バイアグラの主要成分は「シルデナフィル」

バイアグラの主要成分とは?

バイアグラは、「シルデナフィル」が主要な成分です。もともと狭心症の治療薬として開発されていたシルデナフィルは、血管を拡張させる作用があります。特に男性器の海綿体へ流れる血液量を増やす効果があり、これがシルデナフィルを含むバイアグラがEDを改善してくれる理由です。また、シルデナフィルには血管を拡張させる作用があることから、現在では肺動脈性肺高血圧症という病気を治療する「レバチオ」という薬の成分としても使用されています。

シルデナフィルの詳しいメカニズム

シルデナフィルがEDを改善してくれるメカニズムを、さらに詳しくみていきましょう。そのために、まずは正常な勃起のメカニズムと、EDが起きる原因から紹介します。正常な勃起のためには、海綿体へ血液が流れ込むことが必要です。そのままの状態だと筋肉のこわばりで血液が流れにくいため、性的興奮が起こると「環状グアノシン一リン酸」(cGMP)という神経伝達物質が分泌され、筋肉を弛緩させます。しかし、海綿体の中にはcGMPを分解する「ホスホジエステラーゼ5」(PDE5)という酵素も存在しています。シルデナフィルは、この酵素の働きを抑えることでcGMPの働きを助けてくれるのです。これにより、勃起の持続力を高めてEDを改善してくれます。ちなみに、後発のED治療薬であるレビトラに含まれるバルデナフィルや、シアリスに含まれるタダラフィルも、このPDE-5阻害薬の一種であり、基本的なメカニズムは同じです。しかし、それぞれ効果の現れ方や効果が続く時間は異なっています。次はバイアグラの効果と、効果を十分に発揮させるための服用方法を紹介します。

バイアグラの効果と服用方法

バイアグラの効果

バイアグラがED治療に効果的な理由は、すでに紹介したため、ここからは具体的な効果をみていきましょう。バイアグラは服用してから30分ほどで効果が現われはじめ、約1時間で効果がピークに達します。その後は少しずつ効果が下がりはじめ、4時間~5時間ほどで効果がなくなります。そのため、バイアグラを服用するときは行為の1時間前に飲むと良いでしょう。また、バイアグラに含まれるシルデナフィルは、陰茎への血流を促し正常な勃起を助けてくれる成分です。そのため、一部の人が誤解しているように性的な興奮を高めたり、性欲を向上させたりする効果はありません。また、あくまで勃起を助けるための薬であるため、男性にしか効果がなく、女性が飲んでも効果はありません。

バイアグラの服用方法

バイアグラは使い方を間違えると十分な効果が出なかったり、副作用が出やすくなったりします。そのため、正しい服用方法を知ることが大切です。第一にバイアグラは、1日の用量を守る必要があります。1回の服用で、25mgか50 mgを1錠だけ飲みましょう。そして、次に飲むときは24時間以上たってから服用してください。効果がなかったからといって、25mgの錠剤を勝手に2錠飲むと、効果が強く出すぎる恐れがあります。効果が感じられないときは、処方した医師と相談してから用量を変えましょう。次にバイアグラは、水かぬるま湯と一緒に飲みましょう。グレープフルーツジュースなどと一緒に服用すると、顔のほてり、鼻づまり、動悸や息切れなどの症状が現われやすくなります。第三の注意点として、空腹時に飲むことが重要です。バイアグラは胃の中に食べ物が残っていると吸収されにくくなるため、食前、もしくは食後2時間以上たってから服用しましょう。

バイアグラは医師の処方で安全に使用しましょう

バイアグラは医師の処方を受ければ、安全に使用することができる薬です。近年ではインターネットなどを介した個人輸入でも手に入りますが、これらは処方が受けられず、さらに安全性が確認されていない粗悪品である可能性があります。そのため、バイアグラは必ず病院やクリニックで処方を受けましょう。