バイアグラを服用する前に副作用について学ぼう!|べび待ちTOWN バイアグラを服用する前に副作用について学ぼう! | シアリス・レビトラの処方箋を東京でもらうには|べび待ちTOWN

東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

皆さんは薬を服用する際、効果だけではなく発症する恐れがある副作用にも注目していますか?ED治療薬のバイアグラは高い効果に伴い、副作用の発症率も高いと言われています。今回は、バイアグラの副作用の種類・服用時の注意点を併せて紹介します。

副作用が起きるメカニズム

ED治療薬として大きな効果を発揮するバイアグラですが、高い確率で副作用が発症してしまう薬でもあります。バイアグラの働きは全身の血流をよくして勃起を維持することですが、この働きによって全身の血管が拡張し、血圧が下がります。それに伴って下半身以外の場所でも充血が起こり様々な副作用を引き起こしてしまいます。

バイアグラを服用すると発症する副作用

実際にバイアグラを服用した際にどのような副作用が発症するか知っていますか?現在バイアグラを愛用している人や、これからバイアグラの服用を考えている人は、服用した際に考えられる副作用は把握しておきましょう。

バイアグラの主な副作用

バイアグラを服用した際に発症する副作用の中でも、多くの事象があがっているのが「頭痛・めまい・火照り・動機・目の充血」です。比較的高い確率で発症するこの副作用は、バイアグラの血流をよくする作用によって引き起こされるため、バイアグラの効果が切れ始めると自然に治まります。一時的な症状なので深刻な副作用ではありませんが、いつもより容量が多いバイアグラを使用した場合や、体調不良時に服用した際などに深刻な症状へ発展する可能性もあるため、タイミングや使用する容量は気をつけましょう。

注意しなければいけない副作用

基本的にバイアグラを服用して発症する副作用は頭痛、めまい、火照りなどの症状が一般的ですが、人によっては放っておくと危ない症状が起きる場合もあります。そのため、副作用が発症する可能性があり、時間をおいても症状が治まらないときは注意しなくてはいけません。下記にある副作用の症状がみられたときは、特に気をつけましょう。

■持続勃起症

持続性勃起症は、バイアグラの効果が通常よりも大幅に持続してしまい、勃起が継続してしまう症状です。長時間にわたって勃起状態が続くことで勃起障害を引き起こしてしまう可能性があるため、バイアグラの効果が持続している時間が異常に長い場合は、早めに病院へ行くようにしましょう。

■青視症

景色がまぶしく見えたり、視界にうつるものに青く見えたりする症状を「青視症」と言います。バイアグラを服用した際に起きる血管の拡張が原因で、稀に青視症を発症してしまう人もいます。基本的には、バイアグラの効果がなくなると同時に青視症の症状も消えますが、時間をおいても視界が正常な状態に戻らない場合はすぐにクリニックへ相談をしてください。

バイアグラの副作用は一時的に発症するものが多く、身体に深刻なダメージを与えることは少ないのです。ですが、効果は切れているのに副作用だけが続く場合や、いつもより重い副作用が発症した場合は、思わぬ問題に発展する可能性があるため、すぐに病院へ行くようにしましょう。

バイアグラと併用ができない薬を知っておこう

バイアグラには同時に服用してはいけない「併用禁忌薬」がいくつか定められています。この併用禁忌薬を知らず知らずのうちに服用してしまった場合、命にかかわる重篤な副作用を引き起こしてしまう恐れがあるため、バイアグラを使用する人は必ず頭に入れておくようにしましょう。

【バイアグラと併用禁忌薬】
・塩酸アミオダロン製剤
・硝酸剤
・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

上記の併用禁忌薬とバイアグラを同時に服用した場合、過度な血圧低下を引き起こしたり、心臓に大きな負担をかけたりする恐れがあるため、禁止とされています。また、上記の薬以外にも併用禁忌薬は存在するため、病院から処方された薬だからといって安心せずに、バイアグラと併用しても問題ないか医師に確認をとるようにしましょう。

副作用のリスクを抑えるためのポイント

基本的にバイアグラの副作用は大きな影響を及ぼさないため、発症する副作用を効果が現れた目安にしている人も少なくありません。しかし、バイアグラは飲み方を誤るといつも問題なく服用していた人でも異常な副作用を発症する恐れがあるので、服用する際の注意点を把握しておきましょう。

【副作用のリスクを抑えるポイント】

■病院から処方されたバイアグラを服用する
バイアグラは病院でちゃんとしたものを処方してもらうようにしましょう。ネットなどで購入した場合、偽物を購入して副作用を抑えるどころか、効果も得られず身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

■併用禁忌薬には気をつける
先ほど紹介した併用禁忌薬は、重篤な副作用を発症させる恐れがある飲みあわせになります。また、現在服用している別の薬がある場合は、病院で医師にバイアグラと一緒に併用してもいいか必ず相談をするようにしましょう。

■適切な量を服用しよう

バイアグラには「25mg」と「50mg」二つの種類があります。容量が大きい方が得られる効果も高くなりますが、副作用も比例して重くなる可能性があります。そのため、現在50mgのバイアグラを服用していて、副作用が辛いと感じている人は25mgに切り替えてみるといいでしょう。

■副作用で頭痛が起きた場合は医師に許可を貰って頭痛薬を併用しよう

バイアグラの副作用で発症する頭痛は、血管の拡張作用によって起きます。そのため、抗炎症作用がある頭痛薬は、副作用で起きた頭痛を和らげてくれます。バイアグラを服用した際に、必ず頭痛に悩まされる人は、医師に相談をして頭痛薬を一緒に処方してもらうことをおススメします。

バイアグラは副作用を把握した上で効果的に使用しましょう

バイアグラはED治療薬として大きな効果を持っていますが、高い確率で副作用を引き起こします。また、飲み方を間違えると危険な症状を発症する恐れもあるため、効果だけを求めて副作用のリスクを考えずに飲むことは危険です。
バイアグラを服用する際は効果だけではなく、服用した際のリスクや副作用についての知識もしっかりと押さえて、安全に活用するようにしましょう。