バイアグラのジェネリック!シルデナフィルの効果と使い方を紹介|べび待ちTOWN バイアグラのジェネリック!シルデナフィルの効果と使い方を紹介 | シアリス・レビトラの処方箋を東京でもらうには|べび待ちTOWN

東京でED薬を処方してもらおう!新しいED薬 レビトラ・シアリスとは

ここではED治療を検討中の方のために、バイアグラの主成分である「シルデナフィル」の効果と、そのジェネリック医薬品である「シルデナフィル錠」について紹介しています。バイアグラとの違いや、安全で効果的な使い方、購入方法をお伝えします。

バイアグラの主成分「シルデナフィル」とは?

シルデナフィルとはどのような成分か

まずはシルデナフィルが開発された経緯と、その効果について紹介します。もともとシルデナフィルは、狭心症を治療するための薬として開発された成分です。しかし、試験を進めてみたところ、血管を拡張させる作用により、ED(勃起不全)に有効であることが判明しました。
EDのメカニズムは、血管を拡張させて男性器へ血液を送り込む作用がある「cGMP」という物質よりも、血管を収縮させ男性器への血流を抑える「PDE5」という酵素が多くなってしまうことです。シルデナフィルには、PDE5を阻害する作用があるため、男性器へ正常に血液が送られるようになり、勃起を促進することができます。
この作用に注目し、EDの治療薬として開発した結果、世界初のED治療薬としバイアグラが認可を受けました。1998年に販売が開始され、その人気の高さから日本でも異例の早さで翌年の1999年に販売が開始されました。それ以降、EDで悩む多くの男性の心強い味方として活躍しています。現在でも、その知名度の高さから、バイアグラは多くの男性に根強い人気を誇っている薬です。

シルデナフィルが使われている薬品

シルデナフィルが使用されている薬は、バイアグラの他に2種類あります。ひとつは「レバチオ」です。肺動脈性高血圧症という、肺動脈の血圧が異常に上がってしまう難病の治療に使用されています。これはシルデナフィルが持つ血管の拡張作用を応用した結果です。そして、シルデナフィルを使用しているもうひとつの薬が、ED治療薬「シルデナフィル錠」です。バイアグラに代わる新たな治療薬として、こちらもED治療を望む男性に強い支持を受けています。ここからは、シルデナフィル錠の特徴と、その使い方について紹介します。

シルデナフィル錠とバイアグラの違いとは?

シルデナフィル錠=バイアグラジェネリック

シルデナフィル錠とバイアグラに使用されている主成分は同じですが、この2つは一体何が違うのでしょうか?実はシルデナフィル錠はバイアグラの「ジェネリック医薬品」なのです。ジェネリック医薬品とは、特許の切れた医薬品と同じ有効成分を使用して開発された薬のことです。
ジェネリック医薬品は、コピー商品ではありません。オリジナルの薬品と同じ効能と安全性があり、厚生労働省の正式な認可を受けています。さらにジェネリック医薬品は開発期間が短く済むため、オリジナル薬品の開発に比べて、薬の開発費を安く抑えることができます。加えて、ジェネリック医薬品の価格は、国によって新薬の2~7割にするように決められています。そのため、シルデナフィル錠はバイアグラに比べて、はるかに安い価格であることが特徴です。

シルデナフィル錠にはいろいろな種類がある

シルデナフィル錠は、いくつかの製薬会社から販売されています。そのため、有効成分は同じですが、形状や添加物は違っていることも大きな特徴です。各製薬会社は、効能を変えずに、さらに飲みやすくする工夫をこらしています。例えば、飲みやすい味付けをしているものや、水なしで飲めるOD錠タイプなどが販売されています。それぞれ、価格も違っているため、シルデナフィル錠を購入するときは、医師にその違いを尋ねて、自分の希望にあったものを選ぶことが重要です。

シルデナフィル錠の使い方は?

これまで紹介してきたように、シルデナフィル錠はED治療に有効で、安い価格手に入ります。しかし、使い方を間違えると健康に被害を及ぼしたり、充分な効果得られなかったりすることがあります。そのため、注意点を守って使用しなければなりません。次はシルデナフィル錠の正しい使い方を紹介します。

使用できない人 注意が必要な人

飲み方を確認する前に、シルデナフィルが使用できない例を紹介します。シルデナフィル錠は、血管を拡張させるため、血圧が下がってしまう可能性があります。そのため、心臓や血管が弱っている方は使用できません。特に、狭心症の治療で使用されている硝酸薬(しょうさんやく)と併用してしまうと、血圧が急激に下がってしまいます。
また、シルデナフィルは肝臓で処理されるため、肝機能が弱っている方も使用できません。肝臓の機能について指摘されたことのある人は注意しましょう。

シルデナフィルの飲み方

1.必ず用法用量を守って使用する

シルデナフィル錠の用量は、1回につき1錠です。1回につき2錠以上飲むことはできません。そして、次に飲むときは24時間以上あける必要があります。これはシルデナフィル錠だけではなく、他のED治療薬を飲んだ場合も同じです。ちなみに、国内のシルデナフィル錠は、25mgと50mgの2種類が販売されています。効果が充分ではないときは、医師に話して量を変更を検討してもらいましょう。

2.ジュースではなく水かぬるま湯で飲む

シルデナフィル錠に限らず、薬品を水以外で飲むことはやめましょう。特にグレープフルーツジュースなど、一部の柑橘類の果汁は大変危険です。血圧が低下してしまったり、副作用が強く出てしまったりする危険性があります。そのため、バイアグラを飲むときは、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。水なしで飲めるOD錠の場合は、舌にのせて唾液で溶かします。湿気で溶けてしまうため、シートから取り出した後はすぐに飲むようにしましょう。

3.効果が最大になるのは使用から約1時間後

シルデナフィル錠は飲み込んでから、すぐに効果が出るわけではありません。早い場合でも、効果が出るまでに、30分は必要です。その後、徐々に効果が高まっていき、約1時間で効果が最大になります。そのため、効果を充分に感じたいなら、目的の時間から1時間前に飲んでおきましょう。ちなみに、持続時間は5時間前後です。

4.食事の時間やカロリーに注意する

シルデナフィルは胃の中に食べ物が残っていると、吸収されづらいという弱点があります。吸収が不充分だと効果が弱くなってしまうため、バイアグラやシルデナフィル錠を飲むときは、食事前に飲んでおきましょう。食後に飲む場合は食べ物を消化するために、2時間はあける必要があります。また、脂分が多い食事は消化しづらいため、揚げ物や乳製品はなるべく避けましょう。

シルデナフィル錠はどこで購入できる?

シルデナフィル錠はクリニックで購入できる

シルデナフィル錠は、病院で処方してもらうことができます。内科、泌尿器科などさまざまなクリニックで処方してもらえますが、男性の悩みを専門に扱うクリニックが特におすすめです。実は、ED治療は自由診療であるため、クリニックによって扱っている薬の種類や価格に違いがあります。そのため、シルデナフィル錠が欲しくても、バイアグラしか扱っていなかったり、他のクリニックよりも割高だったりすることも多いのです。治療薬を購入するためには、EDを専門的に治療しているクリニックを選びましょう。

クリニック以外では購入できない?

バイアグラやシルデナフィル錠は本当にクリニックでしか手に入らないのかと、疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、ただ手に入れるだけなら、他にも方法はあります。しかし、そうした方法には問題が多いのです。例えば、クリニックで購入した薬を他人へ譲渡することは禁止されています。合法的な方法は、個人輸入で海外の薬品を購入することです。しかし、個人輸入薬品の大半は偽物であり、輸入薬品による健康被害が多数報告されています。こうしたリスクを避けるために、ED治療薬を購入するときは、必ずクリニックを選ばなければなりません。

シルデナフィルでEDを克服しましょう!

シルデナフィル錠は、バイアグラと同じ効能でありながら、より安い価格で購入できる薬です。効能は同じですが、製薬会社ごとにさまざまな種類が販売されています。そのため、シルデナフィル錠を購入するときは、扱っている種類が多く、それぞれの違いを説明してくれるクリニックを選ぶことが重要です。あなたにあったシルデナフィル錠を処方してもらいEDを克服しましょう。